尿が作られ排泄されるまで NHKが医学360度動画を公開

NHKは、腎臓の働きが学べる360度コンテンツ「人体 VRアドベンチャーツアー」を公開しました。本動画は、NHKの番組「人体 神秘の巨大ネットワーク」と連動したものであり、腎臓でどうやって「尿」ができ、そして排出されるかを見に行くものとなっています。

腎臓は腰のあたりに2つある拳くらいのサイズの器官です。体をめぐる血液中から色々なものを吸い取り、必要でないものを尿として体の外へ出す働きをしています。

上記の画像の大きな赤い物体は「赤血球」。赤血球は血液の半分近くを占めています。小さい粒のようなものは、食事から吸収したカルシウムや塩分といった栄養分です。血管の内壁にある小さな穴から、血液中の栄養や水分が吸い出されていきます。

ツアーが順調に進むかと思うと……赤血球に衝突してしまうトラブルが発生。機体をさらに小さくして、血管の内壁の穴から尿と共に外へ脱出することに。

小さくなった機体で穴の中に入ることに成功すると、先ほど血液中から吸い出された栄養分たちが漂う場所に出ます。ここでは、体に必要な栄養だけを血液中に再吸収する働きを行っています。

こうして必要なものを再吸収した後に、体の外へ尿として排出されます。

日常生活で切っても切り離せない「人間の身体」に関することも、このように360度動画で見ることでより理解が深まるかもしれません。

本動画と連動するNHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク」は新たな医学の潮流の全貌を全8回にわたって紹介するシリーズです。2017年10月1日(日)より第一回の放送が開始されています。

関連するキーワード: NHK

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ