メタルギアの小島秀夫監督、SCEロンドンスタジオでPlayStation VRを体験

ステルスFPS『メタルギア・ソリッド』シリーズで知られる小島秀夫監督と、PlayStation4のリード・システム・アーキテクト マーク・カーニー氏は世界中にあるソニー・コンピュータ・エンターテインメント(SCE)の各ゲーム制作スタジオを訪問しています。

その最中、SCEロンドンスタジオにて、小島氏らがPlayStation VRを体験する様子がTwitterにアップロードされました。同スタジオは、ギャングからの尋問、そして銃撃戦やカーチェイスを映画さながらに手と体を動かして楽しめる『London Heist』を開発しています。

小島氏はコナミを2015年12月に退職、直後コジマ・プロダクションを設立し、SCEと緊密に連携していくことを発表しています。

次回、制作する作品はPS4専用タイトルとなることが明らかになっていますが、PS VR対応作品化は現時点では不明です。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/