中野区、VR活用のアイデアコンテスト開催  最高賞金50万円

中野区産業振興推進機構(ICTCO)は、VRを使った身近なアイデアコンテストの開催を発表しました。同コンテストは、VRの浸透させることや、VR開発技術者のすそ野を広げることを目的としたコンテストです。応募期間は11月6日から12月1日まで。

コンテンストの応募部門は「アイデア企画部門」と「試作開発部門」の2つとなっており、それぞれ1次選考(書類審査)と2次選考(プレゼン)があります。

審査のポイントは「アイデアの新規性・実現可能性」、「ビジネスとしての将来性」、「解決する課題の妥当性や解決されたときの効果」などによって評価されるとのことです。

賞金・商品はアイデア企画部門「賞金10万円」、試作開発部門「プラチナ賞:試作費50万円+開発環境」、「ゴールド賞:試作費30万」、副賞やHTC NIPPON賞なども用意されています。

コンテストの概要

名称

第3回 Business Digging Festival「VRを使った身近なアイデアコンテスト」

応募期間

2017年11月6日~12月1日 23:59

1次選考:平成29年12月2日
2次審査:12月16日 13:00~ICTCOにて

応募方法

こちらに記載されているメールアドレスより

募集ページ

http://ictco.jp/syousai.html?id=266

(参考)
ICTCO 公式サイト
http://ictco.jp/syousai.html?id=266

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 中野区産業振興推進機構

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com