HTC Vive製品版の初期セットアップ方法 – 開封から体験開始まで

4月5日、PC向けVRヘッドマウントディスプレイHTC vive製品版が発売されました。

HTC viveはルームスケールという最大縦横3m×4m,対角5mの空間をHMDを被ったまま自分の足でVR空間を自由に歩き回れるのが最大の特徴です。

そのルームスケールを体験するための各種接続方法を紹介して行きます。

1.開封
HTC Vive セットアップこちらがHTC Vive製品版の箱になります。Oculus Rift製品版よりは二回りほど大きいです。

HTC Vive セットアップ一番上の箱の蓋を開けたところです。左側がLighthouseのベースステーションとSteamVRコントローラー、右側にヘッドセットが入っています。

HTC Vive セットアップSteamVRコントローラーの箱のスポンジの下には充電用のACアダプターが入っています。忘れずに取り出しましょう。

HTC Vive セットアップベースステーションの箱のスポンジの下にもACアダプターと説明書が入っています。こちらも忘れずに取り出しましょう。

HTC Vive セットアップ内容物を全て取り出して並べた様子です。

HTC Vive セットアップ大きい説明書にはそれぞれの機器の入っている場所、名前が一つ一つ書いてあるので全て入っているか確認しましょう。

2.ベースステーションの設置
HTC Vive セットアップ

HTC Vive セットアップ2mの高さに設置する必要があるため、ベースステーションの設置にはライトスタンドを使用しました。

HTC Vive セットアップ内容物の中に壁に打ち付けて固定する用の器具も付属しているので壁に穴を開けても大丈夫な環境、ディアウォールや、木材等を当てて、固定できる場合はこちらを使用します。

なお、机の上に置くなど、その他の設置については、説明書通りでなくとも「死角を作らない」などの一定の条件を満たせば動作する模様。Mogura VRでは今後検証を進めていきます。

今回は、説明書通りの設定を行います。

HTC Vive セットアップベースステーションは120度傾けて使用するためライトスタンドとベースステーションの間に雲台を使用します。

HTC Vive セットアップベースステーションを固定した様子です。ベースステーションは下側と後ろ側にライトスタンドに固定するネジ穴があるので状況に応じて使い分けます。

HTC Vive セットアップベースステーション固定後はライトスタンドを高さ2mまで伸ばします。(ライトスタンドの足を広げると垂直になります)

HTC Vive セットアップベースステーションの裏側はこのようになっており左側からAC電源、モード切り替えボタンとなっています。右側の2つは使用しません。

HTC Vive セットアップここまで出来たら環境に合わせて移動したい範囲の対角に設置します。ベースステーションはAC電源に繋いで使用します。

HTC Vive セットアップベースステーションの表側左下にLED表示で現在のモードが表示されており裏側のモード切り替えボタンを押すとaから順番に変わっていきます。片方をbモード、もう片方をcモードで使用します。

3.PCとの接続

HTC Vive セットアップPCとの接続に使用するリンクボックスです。ヘッドセット側は差し込み口がオレンジ色に統一されています。

HTC Vive セットアップヘッドセット側の音声ケーブル、USBケーブル、HDMIケーブルをそれぞれ接続します。

HTC Vive セットアップこちらはPC側で同様に音声ケーブル、USBケーブル、HDMIケーブルをそれぞれ接続します。

HTC Vive セットアップリンクボックスに全てのケーブルを接続した様子です。

HTC Vive セットアップ音声に関してはイヤホンジャックがヘッドセットまで来ているため、好きなヘッドホン、イヤホンを使用することができます。(イヤホンは付属しています)

4.ソフトウェアセットアップ
ここからはルームスケールを設定するためのセットアップ方法を説明して行きます。

まずはSteamのアプリをダウンロード後、右上の「VR」と記されたアイコンからSteamVRを起動します。

HTC Vive セットアップ画面下に小さく表示されるSteamVRの画面です。左からHMD、コントローラー2本、ベースステーション2個のそれぞれの起動状況を示しています。緑色に点灯し続けると認識済となり、5つの機器が全て正常に認識されると赤字の「利用不可」が「利用可能」に変わります。

HTC Vive セットアップ初回起動時はルームスケールの設定をまだしてないため上部に利用不可と表示されます。そしてヘッドセットとベースステーション2つが認識されていることを確認します。この状態ではコントローラーはまだペアリングされていません。

HTC Vive セットアップ「SteamVR」と書いてある左上のメニューから「デバイス」→「コントローラのペアリングを」選択します。

HTC Vive セットアップこのように表示されるのでコントローラーについている2つのボタンを長押しします。

HTC Vive セットアップうまくいけば成功と出てきます。「別のコントローラをペアリング」からもう一つのコントローラーもペアリングします。

HTC Vive セットアップコントローラーをペアリングした後にファームウェアのアップグレードを促す旨が表示されることがあります。この場合は有線でPCと接続してアップグレードをする必要があります。

一通りの接続、アップグレードを確認して問題が無かったら「SteamVR」メニューから「ルームセットアップを実行」を選択します。

HTC Vive セットアップ今回はルームスケールを設定するので左側のルームスケールを選択します。

HTC Vive セットアップベースステーションの範囲内の障害物を片付けるように言われます。なるべく何もない状態にしましょう。

HTC Vive セットアップベースステーションの範囲内にヘッドセットとコントローラーを並べて置きます。

HTC Vive セットアップモニターに向かってコントローラーを持ち、トリガーを下のバーがいっぱいになるまで引き続けます。

HTC Vive セットアップ

HTC Vive セットアップヘッドマウントディスプレイとコントローラーを並べて置き、「床をキャリブレーション」をクリックして床の位置をキャリブレーションします(コントローラーが床に置かれていない時にはキャリブレーションできません)。

HTC Vive セットアップベースステーション内の移動可能な範囲内を設定します。

二種類の方法があります。最初の角からぐるっと一周して最初の角に戻ってくるまでトリガーを引き続けて設定する方法。そして四隅の角でトリガーを1回引いて設定する方法(詳細モード)があります。圧倒的に簡単なのは後者ですので詳細モードにチェックを入れましょう。

HTC Vive セットアップうまく設定することが出来れば計測した範囲が四角で囲まれ自動で遊べる範囲が設定されます(編集で細かい範囲の設定をすることも出来ますが、実際に計測した以上の範囲を選択することはできません)。

HTC Vive セットアップこれにてルームスケールのセットアップは完了です。Steamのライブラリ等からHTC Vive用のコンテンツであれば自由に起動することができます。

まずは操作方法などを体験するためにチュートリアルから体験することをおすすめします。

Steam VRに関する操作はメニュー左上の「Steam VR ▼」から行うことができます。起動時はまだHMDを被らずモニター上で操作します。

HTC Vive セットアップ

ヘッドホンの確認です。音が出ていることを確認して「CONTINE」をクリックします。

HTC Vive セットアップこの画面が表示されたら、HMDを被り、ヘッドホンを装着しましょう。

HTC Vive セットアップその後は手順に従って、ルームスケールのルールや、操作説明が行われます。

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

この記事を書いた人

  • doron

    専門2年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/