HTC、ビジネス向けにHTC Viveを販売へ

HTCは、PC向けヘッドマウントディスプレイHTC Viveのビジネス版を1,200ドル(約13万2,000円)から販売することを発表しました。

HTC Vive

通常版との違い

HTC Viveは、PC向けのハイエンドなVRヘッドマウントディスプレイ。最大3m×4mを歩くことのできる機能と両手に持ったコントローラーを動かすことでVRの中で手を動かせる機能が特徴的です。

今回、発表されたのはビジネス向けのバージョン。799ドル(国内販売価格10万7,800円)で販売されている通常版と比べた変更点は以下のとおりです。

・顔に密着するフェイスクッションが2つから4つへ
・12ヶ月間の保証と専用のカスタマーサポート
・価格は799ドルから1,200ドルへ

その他の構成は変わらず、通常版と比べて価格は高く設定されています。ビジネス向けということで、サポート等がどこまで充実しているのか、気になるところです。

このビジネス版HTC Viveは、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツで6月中に発売を開始するとのことです。

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/