HTC、Vive向けコンテンツストアを月額制に アーケードや企業向けVRゲーム/アプリの配信ストアも展開へ

HTCは太平洋時間1月4日、メディア向けの発表会を行い、HTC Viveのハードウェア、ソフトウェアに関する複数の発表を行いました。

HTC、Vive向けに何でも追跡可能にするトラッカーやヘッドホンつきストラップ等を発表 無線化キットは全世界へ

現在、HTC Vive向けのコンテンツはSteamとViveportの2つのプラットフォームで配信されています。現在1,000タイトル以上がリリースされており、今後その数を更に増やしていくとのこと。2017年末までに3,000タイトルのリリースを目指しています。

Viveportとは

Viveportは、HTCが展開しているVRコンテンツの配信プラットフォームです。Valveが運営するSteamがVRゲーム中心であるのに対し、ノンゲームのアプリ配信も行うことのできるプラットフォームを目指しています。

最終的には、PC向けのVRだけでなく、スタンドアローン型、モバイルなどViveportにすべてのデバイスに向けてVRコンテンツを提供していきたいとのこと、中国ではスマホVR向けコンテンツの配信プラットフォームViveport Mを展開しています。

今後は様々なターゲットに向けてViveportを展開していくとのことで、新たな配信プラットフォームが発表されました。

家庭用Viveportは月額制の導入

家庭用のVRゲームやアプリに関しては、月額制のサブスクリプションシステムが導入されます。無料トライアルは既に開始しているとのこと。月額制は2017年第1四半期からスタートします。

アーケード向けコンテンツも配信

また、HTC Viveは中国・日本・台湾を始め世界中でアーケードやネットカフェでの活用が始まっています。2017年には5,000箇所の体験施設の設置を目指すとのこと。

ショッピングモールなどVR体験のタッチポイントの開設を加速するために、アーケード向けのコンテンツを全世界に配信できるアプリストア「Viveport Arcade」を2017年第1四半期に開始することが明らかになりました。

エンタープライズ向けコンテンツも配信へ

HTC Viveを使って医療、建築などさまざまなプロフェッショナルツールが登場しています。こうしたツールの共有と導入を促進するために、「Viveport Enterprise」を2017年第2四半期よりスタートすることが発表されました。

HTC、Vive向けに何でも追跡可能にするトラッカーやヘッドホンつきストラップ等を発表 無線化キットは全世界へ

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: CES2017HTC Vive

この記事を書いた人