HTC Vive、東京ゲームショウでの公式体験コンテンツが発表

2016年9月12日、HTC社は9月17日から20日まで開催されるゲームイベント「東京ゲームショウ2016(TGS)」の出展内容を発表しました。同社のVRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を試遊できるブースが提供されます。

HTC Vive

TGS2016では、初めて「VRエリア」が開設され、30以上の企業が出展します。HTCは今回、このVRエリアに出展。HTCとViveの国内パートナー企業が連携しての出展となります。

パートナー企業は以下のとおり。

インテル株式会社
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
エヌビディア ジャパン
グリー株式会社
KDDI株式会社
株式会社サードウェーブデジノス
株式会社スクウェア・エニックス
株式会社デジカ
株式会社ドスパラ
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
株式会社Project White TSUKUMO
日本AMD株式会社
VR ZONE Project i Can
株式会社ユニットコム

ブース内には現実とVRを合成して見ることのできるクロマキー合成用のグリーンバックエリアが3つ、通常のVive体験コーナーが3つ用意されており、計7つの体験エリアが設けられます。

また、体験できるVRコンテンツとしては、株式会社スクウェア・エニックス提供の『乖離性ミリオンアーサーVR』や、ペンライトを振ってアイドルを応援できる『Hop Step Sing!』(講談社)、KDDI株式会社提供の複数人参加型のVRマルチコミュニケーション『Linked-door loves Space Channel 5』などを体感できます。体験できる作品は下記の通りとなっています。

【HTCブース 出展内容】

・乖離性ミリオンアーサーVR (スクウェア・エニックス)
tgs

・Hop Step Sing! (講談社)

https://www.youtube.com/watch?v=Ciu3_IYCkzI

・Linked-door loves Space Channel 5 (KDDI)
https://www.youtube.com/watch?v=t6GEOToHNBM

・Raw Data(Survios)
https://www.youtube.com/watch?v=8phhKZn4DuM

・ホラー実体験室「脱出病棟Ω(オメガ)」 (バンダイナムコ)

・Front Difense(HTC)

なお、体験には整理券が必要となります。整理券の取得方法は以下の記事にてまとめていますのでご参照ください。

東京ゲームショウ、PSVRとHTC Viveの整理券入手方法

また、日本国内のHTC Vive販売パートナーの店舗において、『乖離性ミリオンアーサーVR』の試遊体験も今後可能になるとのこと。詳細は後日発表予定です。

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ