【HTC Vive】6月第3週の新作リリース情報

今週は10本のHTC Vive向けコンテンツを紹介します。

The Nest

https://www.youtube.com/watch?v=zXzSyvfNswY

『The Nest』はVRのFPS(一人称視点シューティングゲーム)。プレイヤーは、SF的な設定の世界でAI(ロボット)を相手に銃撃戦を行うスナイパーになります。早期アクセスゲームです。

このゲームには「スコープ」という特徴的なシステムがあります。プイレイヤーが使用する銃(Viveコントローラー)には、遠くのターゲットを拡大して見ることができるレンズが付いているのです。

廃屋の2階、窓からそっと外をうかがい、敵ロボットに慎重に照準を合わせ、そして仕留める。手に汗握る緊張感はまさに本物です。

時間帯を夜にすることで難易度をあげたり、銃をカスタマイズしたり、やり込み要素は今後も増えていきそうです。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『The Nest』(Steam内のページ)(英語)
開発:invrse studios
リリース日:2016年6月15日
価格:9.99ドル(6月19日現在10%オフ)

Lost Route

HTC Vive ソフト

『Lost Route』はホラーな雰囲気を持つ、車を運転するゲーム。早期アクセスゲームとして公開中。

椅子に座ってのVRは車の運転と相性が良く、さらにHTC Viveのルームスケールトラッキングを活かし、降車して外を歩くこともできます。停車して障害物をどけたり、アイテムを拾ったり、車を点検したりできます。

空は暗く、辺りを包むうっそうとした林は何か出てきそうなほど不気味で、ゲーム全体には不穏な空気が漂っています。時には強盗に襲われることも・・・。プレイヤーが出会うイベントは毎回ランダムに生成されるようです。

HTC Vive ソフト

作品名:『Lost Route』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Imbanova Entertainment Inc.
リリース日:2016年6月17日
価格:4.99ドル

Muv-Luv VR

『Muv-Luv VR』は、人類の絶望的なBETAとの戦いをVRで体験できるゲーム。「マブラヴ」シリーズは日本発の作品、2003年に発売された「原作」となる第一作は青春恋愛アドベンチャーゲームです。

「Muv-Luvの世界へようこそ!地球外生命体“BETA”の侵略によって絶滅の危機に瀕した人類が、必死に抵抗している世界です。」

日本では過去に体験会も催されました。体験レポートは以下の記事を御覧ください。

(関連記事)
【体験レポ】マブラヴVRで一般兵になってBETAに襲われる絶望感と希望を体験

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『Muv-Luv VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Degica、ixtl
リリース日:2016年6月17日
価格:無料

Annie Amber

https://www.youtube.com/watch?v=wUIMYME61CU

『Annie Amber』は広大な宇宙と、宇宙空間に配置された部屋などを巡りながら、Annie Amberの記憶を辿っていくパズルゲーム。Gear VR向けのアプリも、既に同名でリリースされています。

部屋の窓を覗けば、そこには宇宙空間が広がっており、視界の奥には巨大な惑星も。しかしそんな宇宙空間には生活感の溢れた家具なども浮いており、美しいグラフィックも相まって、非常に独特な世界観を成しています。

現実とは一線を画した夢のような探検。随所にちりばめられているパズルを解きながら、彼女の人生を探っていきましょう。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

※本コンテンツはOculus RiftとHTC Vive両方に対応しています

作品名:『Annie Amber』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Pantumaca Barcelona , @CarlosGameDev
リリース日:2016年6月17日
価格:7.99ドル(6月19日現在10%オフ)

Zero-G VR

https://www.youtube.com/watch?v=BScwriWwFO4

『Zero-G VR』は、宇宙空間を体験できるコンテンツ。

周りにほとんど物が存在しない広漠とした宇宙空間では、自分の速度や距離感がうまくつかめません。もちろん重力はゼロなので、「ジェットパック」のように噴出式の道具を使わないと進むこともできません。

果てしない距離、圧倒的な大きさ、日常生活では味わえないスケール感を楽しむことができます。「レスキューモード」「シャトルを追え」「ブラックホール」「ハイスピードモード」など複数のモードが実装されています。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『Zero-G VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Linkus Studio
リリース日:2016年6月15日
価格:4.99ドル(6月19日現在40%オフ)

※本コンテンツはOculus RiftとHTC Vive両方に対応しています

Within

HTC Vive ソフト

『Within』はVRの映像作品を視聴できるアプリ。Gear VR用のアプリ『Vrse』を制作していたVrse.worksが、アプリ名・社名を一新し、Oculus RiftやHTC Viveに対応して再出発をしました。アプリの内容は引き続き、オリジナルの実写360度映像を配信するというもの。

過去には、人気アーティスト「U2」を迎えて、VRを用いた新しい形のミュージックビデオを制作したり、イルカやクジラの発する「クリック音」を捉えた360度の海中映像を撮影するなど。
HTC Vive ソフト

作品名:『Within』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Within Unlimited, Inc.
リリース日:2016年6月17日
価格:無料

※本コンテンツはOculus RiftとHTC Vive両方に対応しています

Octoshield VR

https://www.youtube.com/watch?v=alLLpTMJHig

『Octoshield VR』はフリスビー上の「シールド」を使って遊ぶゲーム。早期アクセスゲームとして公開中。

攻守ともに一枚のシールドで行うことが特徴的です。武器となるシールドは(今のところ)一枚しかないので、敵を倒すために投げてしまうと、はね返ってくるまでの間は手元には何もなくなってしまいますが、シールドは敵からの攻撃を防ぐためにも必要なのです。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『Octoshield VR』(Steam内のページ)(公式Facebook)(英語)
開発:Anthony Pigeot
リリース日:2016年6月15日
価格:4.99ドル(6月19日現在15%オフ)

Armed Against the Undead

https://www.youtube.com/watch?v=owA2slO94AU

『Armed Against the Undead』はゾンビやエイリアンを撃ち倒すFPS。早期アクセスゲームです。

通常の銃器系の武器のみならず、チェーンソーや火炎放射器など、一風変わったものも使えるのが特徴的です。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『Armed Against the Undead』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Unity3d.College
リリース日:2016年6月18日
価格:19.99ドル

Astroderps

https://www.youtube.com/watch?v=G3x2SrZraH0

『Astroderps』はオブジェクトを配置して道を作り、宇宙人たちをゴールに導くパズルゲーム。

道を作る以外にも火を消したり、橋をかけたり。宇宙人たちは定められたスタート地点から一斉によちよちと歩き始めます。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『Astroderps』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Chronos VR
リリース日:2016年6月17日
価格:14.99ドル(6月19日現在20%オフ)

Dogfight Elite

https://www.youtube.com/watch?v=D7MYqJn9pFc

『Dogfight Elite』は飛行機・タンクでの戦闘シミュレーター。早期アクセスゲーム(開発中のゲームを公開してユーザーからフィードバックをもらう)として公開されています。

一人称視点(操縦席に座っている状態)で操縦したり、三人称視点(飛行機やタンクの後ろにカメラが付いている状態)で操縦したり、さらには乗物から出て戦場を走ることも。まだまだ基本的なものしか実装されていない状態、今後の開発に期待です。

HTC Vive ソフト

HTC Vive ソフト

作品名:『Dogfight Elite』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Echoboom S.L.
リリース日:2016年6月11日
価格:19.99ドル

※本コンテンツはOculus RiftとHTC Vive両方に対応しています

毎週、HTC Viveの新作リリース情報を紹介しています!バックナンバーはこちらです!

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/