HTC、欧米市場に向けたグーグルとの一体型VRヘッドセット開発を中止か

HTCは、11月14日北京にて中国市場向けの一体型VRヘッドセットVive Focusを発表しました。一方、欧米市場向けには、GoogleのDaydreamプラットフォーム向けに一体型VRヘッドセットを開発していましたが、その開発が中止された可能性が高いことが明らかになりました。

この事実は米メディアTech Crunshが報じたもので、GoogleのVR/AR担当副社長Clay Bavor氏はTwitterでその事実を認めています。

なお、HTCの公式見解は、現時点では中国向けの一体型VRヘッドセットの投入に集中しDaydream対応VRヘッドセットについての発表は行わないこと、欧米市場向けの新製品投入は2018年になること、となっています。

GoogleもHTCも両社間の強いパートナーシップを維持することを認めてはいますが、2018年に発表されるとされているHTCのヘッドセットがDaydream対応のものとなるかは不明であす。Bavor氏の発言を鑑みると開発が中止された可能性が高いと考えられます。

Daydreamは、Googleが2016年から展開しているモバイル向けの高品質なVRプラットフォームです。2017年春にはスマートフォンだけでなく、位置トラッキングを搭載した一体型VRヘッドセットを発表していました。位置トラッキングにはGoogleの技術であるWorldsenseテクノロジーを使用し、高品質な位置トラッキングを実現する、としています。

https://www.youtube.com/watch?v=aJD34uGPQf8

HTCとLenovoとのパートナーシップで発売されるとしており、HTCのモデルは2017年中の発売を目指すとしていました。Bavor氏によれば、Lenovoによる一体型VRヘッドセットの開発は継続しており、「近いうちに発表を行う」とのこと。

ハードウェアメーカーとプラットフォーム間の複雑な関係は今後も続きそうです。

(参考)
https://techcrunch.com/2017/11/13/htc-cancels-u-s-release-of-wireless-vr-headset-built-on-google-tech/amp/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: DaydreamGoogleHTC

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue