Google、5月に開催する開発者会議Google I/Oのスケジュールを公表。今年はVRのセッションも

Googleは、5月18日~20日の3日間開催する年一回の開発者会議Google I/Oのタイムスケジュールを公表しました。

Google I/O

今年は、VRに関するセッションが複数用意されています。

18日
・基調講演(ライブストリーミングあり)

19日
・GoogleにおけるVRへの取り組み(ライブストリーミングあり)
・VRと映画

20日
・ライブコーディング:VRのゲームを制作する

また、VRではありませんが、ARデバイスであるProject Tangoを使うセッションが4つ用意されています。

Googleは2014年のGoogle I/Oでスマホ向けの簡易型VRデバイスGoogle Cardboardを発表。2015年はその改良版を発表するとともに、360度撮影を行うためのシステムJumpを公表しています。

GoogleのVR/ARに向けた昨年以上に積極的な姿勢が伝わってきます。今年のGoogle I/Oは、VR部門を新設して以降初の開発者会議となり、どのような発表があるのか、そしてVRに対してどのような見解を抱いているのか、要注目のイベントです。

(関連記事)
【速報】Google、360度動画撮影へ。オープンソースによるVRプラットフォーム「Jump」を発表

Googleのダンボール製スマホVRヘッドセット「Cardboard」の改良版が登場

GoogleでCardboardを推進するBavor氏がVR部門で専任へ

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ