サムスンのVRヘッドセット「Gear VR」で使うゲームパッド・コントローラー選びのポイント

サムスンのVRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」がいよいよ出荷されます。Gear VRでは、Galaxy S6、S6 Edgeを装着して手軽にVR体験ができますが、体験できるコンテンツの中にはゲームなど、ゲームパッドが必要なものがあります。

そのためには、Galaxy S6/S6 Edgeと接続して使うためのコントローラーを使用しなければなりません。サムスンが海外モデルのGear VRで推奨している純正のゲームパッドは日本では未発売です。各周辺機器メーカーが発売しているゲームパッドを選んで使用することになります。

選ぶ際の筆者なりのポイントをまとめてみました。

Android用Bluetooth接続

image01
Galaxy S6/S6 Edgeと接続するためには、Android対応である必要があります。ゲームパッドにはiOS向けのものとAndoroid向けのものがありますので注意しましょう。また、Galaxy自体はGear VRに装着されるため、スマートフォンとBluetoothで無線接続できるものを選ぶ必要があります。

アナログスティックと十字キーの位置関係

image00
操作性の問題ですが、サムスンの純正ゲームパッドとスティックやボタンの数は揃っていた方が、操作に漏れがなくなります。特に、左部分で、上にアナログスティック、下に十字キーが2本ついているコントローラーの使用をオススメします。右にあるアナログスティックは視点移動の補助になります。スティックや十字キーの数が純正と揃っていないコントローラーを使用すると、プレイした時に表示と操作が異なるなど不自由になる可能性があります。
画像は、日本未発売のサムスン純正ゲームパッド。

持ち運びやすいサイズ

Gear VRには、持ち運び用の布製ケースが付属します。その空いたスペースにコントローラーもおさめることができると理想的です。小型のコントローラーでないと収まらないので注意してください。

マウントは不要

Gear VRに装着するため、コントローラーとスマホを合体させるマウントは必要ありません。

以上のポイントを踏まえて検討した結果、
筆者が使用しているのは、Madcatz製の「Micro C.T.R.L.r Mobile Gamepad」です。

このコントローラーには、Microともう少し大きい無印タイプがあります。通常サイズでもケースに入るようですが、より小型のMicroにしたのは、軽さと小ささ。せっかくなので持ち運びやすさにこだわろうと思ったのが決め手でした。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ