【Gear VR】孤島でのサバイバル生活に思わず夢中になってしまう『Island』

誰もいない自然の中でサバイバル生活をしながら、狩りをし、自分の好きなように家などを建てていくサバイバル生活。今回は、そんなサバイバルが体験できる『Island』を紹介します。

マップを探索、道具を作って次のステップへ

ゲームが始まり、マップを探索できるようになったら、さっそく周囲を歩き回ってみましょう。ところどころに生えている草や落ちている石は、道具を作る材料になるので、見つけたらとにかく回収です。

しばらく歩いていると、だんだんお腹が空いてきます。ときどき見かける兎なども食べることができますが、道具のないうちは放っておくしかありません。しばらくは草の塊のようなものに付いている赤い実を食べて凌ぎましょう。

草や石、枝などの材料を揃えたら、バックパックから道具を作ることができます。ひとまず斧を作っておきましょう。木材を集める役目もありますが、動物を狩って食料にすることもできます。

しばらくマップを探索していると、暗くなってしまいました。このゲームは時間の概念があるので、探索しているうちに昼から夜になってしまいます。夜は松明か焚き火の明かりの範囲内にいないと、一定間隔でダメージを受けてしまいます。夜になる前にどちらか用意しておきましょう。

好きな場所に拠点を作り、生活水準を上げよう

作った道具で集めた材料を使えば、もっと大きなものが作れます。具体的には、家や焚き火、作業台などなど……。自分の好きな場所に拠点を作って、サバイバル生活を楽しみましょう。

焚き火で肉を焼いたり……。

作業台に視点を合わせた状態でバックパックを開くと、作れる道具がさらに増えています。

鍋を作ると、焚き火だけのときより凝った料理を作れます。肉と赤い実を入れてしばらく待つと、いかにも美味しそうに煮込まれて出てきます。うまそう。

夜になると焚き火の明かりと夜空が綺麗です。誰もいない自然の中で、自分だけの空間を作って楽しみましょう。

動物と狩り

マップを探索しているときに見かける兎などの動物は、斧などの道具で攻撃すると肉を手に入れることができます。しかし逃げ足が速い。角に追い詰めたりして攻撃しましょう。

マップを歩いていると……狼が出てきました!狼は攻撃してくるので、こちらも斧などの武器で迎撃しましょう。倒さないと、逃げてもずっと追ってきてしまいます。こういったときのために、武器は早めに作っておくが吉。

狼を倒しました!レベルアップはしません。しかし狼の肉を手に入れることができるので、これを食べてなくなった体力を回復しましょう。

ほかにも、釣りをすることで食料を入手することができます。作業台を使うと、釣竿を作ることができるようになります。湖に釣り糸を入れしばらくすると反応が。しかし、ここからの魚との勝負はなかなかシビアです。バーの赤い部分にカーソルが入れば釣り上げることができますが、このカーソルの位置はひょこひょこ変わってしまします。しばらく慣れるまでは、激戦を繰り広げる必要がありそうです。

ここだけは気をつけよう

ここまでこのゲームの魅力を説明してきましたが……気をつけなければならない点もあります。まず、このゲームにはセーブ機能がありません。つまり、せっかく家まで作れたとしても、狼に襲われたりしてゲームオーバーになってしまうと、一からやり直しとなってしまいます。

水に落ちるとゲームオーバーになってしまうという仕様にも気をつけましょう。湖の近くを歩いていて、うっかり湖に落ちてしまうと、今まで積み上げたものが消えてしまいます。

最後に細かいですが、バージョン1.6現在で覚えておいたほうがいいバグについて。斧やピッケルなどの道具を作ったら、まずバックパックを開きましょう。試しに採取を開始してみたいのはやまやまですが、新しい道具を持った状態でバックパックを一度も開かずに採取を開始すると、次からバックパックを開けなくなってしまいます。このバグは、バックパック内で装備の切り替えをしたときにも起きることがあるようです。

筆者はこのゲームを初めて見たときワクワクして、遊んでみたら夢中になってしまいました。自分で自給自足するサバイバル生活もそうですが、なにより道具を作ってできることが広がっていくのが楽しい。セーブができない仕様やバグの存在を差し引いても、無料で遊ぶのなら十分満足できるほど楽しめます。

ダウンロードはこちら

https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/1176414735748031/

<ソフトウェア情報>

『Island』

【メーカー】FancyTechVR

【開発者】FancyTechVR

【対応ハードウェア】Gear VR

【価格】無料

【操作】タッチパッド

【リリース日】2016年11月30日

【入手方法】Oculus Storeよりダウンロード

【言語】英語

<Mogura VR的評価>

【オススメ度】★★★★☆(セーブができないことが欠点)

【快適さ】★★★★☆(少し酔う)

【操作性】★★★★★

【価格】無料

この記事を書いた人

  • 東京工科大学メディア学部所属。ゲームを作りつつ、ゲームとシナリオ・世界観、演出辺りの研究のようなものをしています。VRで新しいゲームシステムやシナリオの表現方法が、どんどん開発されていったらいいなと思っています。

    Mogura VRのライター一覧はこちらhttp://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ