走る前に起伏を3Dで確認 iOS向けアプリ『Fitness AR』

長距離のランニングを行う際、地図だけだと知れずと勾配のきつい道へと入ってしまうこともあるでしょう。ハイキングやサイクリングでも、コース計画を建てる際に道の景観を立体的に確認できると参考になります。

iOS向けアプリ『Fitness AR』ではランニングやサイクリングでのコースの3Dモデルを目の前に再現し、走りたいルートを見渡すことができます。

ランニングコースを3Dで表示

ランニングコースを考えようと地図を手にしても、標高や平面的なデータでは実際にどのようなコースなのかが把握できないこともあります。

『Fitness AR』では世界中のアスリートが利用している位置追跡アプリStravaのデータを使用します。iOS 11から搭載されたAR機能によって3Dマップをテーブルや床など目の前に表示して見ることができます。Stravaアカウントを持たないユーザーも、このアプリで世界中のランニングコースを見ることができます。

表示したマップはマルチタッチジェスチャーで見回すことができ、動画にしてシェアすることも可能です。

3D地形をARで体験する用途にも

元Googleのマテリアルデザインリーダーであり『Fitness AR』を手掛けたAdam Debreczeni氏は、「私は元々サイクリングが好きで、ARKitで最初に思いついたのが3Dを用いてサイクリングの爽快さをシェアすることでした」とニュースリリースで語っています。

サイクリングやランニングをしている人だけでなく、地形を3Dで眺めてみたいという人も、試してみる価値があるでしょう。

iOS11で利用可能になったARKitでは、部屋の間取りを計測するアプリ『PLNAR』、空間に絵を描くペイントアプリ『Paint Space』など様々なARアプリがリリースされています。

『Fitness AR』App Store(iOS向け)

(参考)
Avoid Hills on Your Next Run or Ride via ARKit with Fitness AR / Next Reality(英語)
https://mobile-ar.reality.news/news/apple-ar-avoid-hills-your-next-run-ride-via-arkit-with-fitness-ar-0180145/

関連するキーワード: ARKitFitness ARiPhone AR

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ