マシュとパーソナル・トレーニング!『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』体験レポート

人気のスマートフォンゲーム『Fate/Grand Order』(FGO)のVRコンテンツ『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』(FGO VR)。3月25、26日東京ビッグサイトで開催中のアニメジャパンでお披露目となりました。

2017年1月21日にPlayStation VR向けに開発が行われているとの発表後、アニメジャパンでの出展も合わせて発表され、ファンの注目を集めていた同VRコンテンツ。FGOの提供元のアニプレックスは会場の東京ビッグサイトのホールにひときわ大きいブースを構えデモエリアを設けていました。

さっそく体験内容、ブースの様子をレポートしていきます。

ファン垂涎のVR体験

『Fate/Grand Order』は、サーヴァント(英霊)と呼ばれるキャラクターを召喚し、ともに闘うRPGです。一人一人のサーヴァントが個性的でそれぞれ人気ですが、今回のVRコンテンツはメインキャラクターでありデミ・サーヴァントの「マシュ・キリエライト」にフォーカス。

ゲーム内ではプロフィールやステータス、所持アイテムなどが確認できる、プレイヤーのカルデア内での自室である「マイルーム」から始まって、マシュとちょっとしたトレーニングをするという内容。体験時間は7分です。

ブースステージ中央でPSVRを装着して体験

FGO VRのデモエリアは、ブースの真正面に配置されています。


デモエリアの前にはゲーム中に登場するサーヴァントたち(左から、ジャンヌ・ダルク、スカサハ、マシュ・キリエライト、ダ・ヴィンチちゃん、ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕)。後ろに見えるのがFGO VR体験エリア。


PSVRを30台用意し稼働させる、ソニー・インタラクティブエンタテインメントとしても最大規模のデモ会場


プレイ時にはデモでは欠かせない衛生用フェイスマスク「ニンジャマスク」を装着。FGO VR専用のオリジナルデザインです。

いよいよマシュと対面

FGO VRはPSVRとPS Moveを使用して約7分間の体験となっています。

PS MoveはPS専用のスティックタイプのコントローラー。PSVRを装着した状態でVR上で見ると手のモデルが表示されます。手の甲には令呪が刻まれているため、マスターになった感覚をよりリアルに味わうことができます。

PSVRを装着するとアプリのスタート画面を模した空間が広がっています。PS Moveを正面に向けるとタイトルロゴが表示されたのちレイシフトが始まり体験がスタートします。

画面が明るくなると場所はマイルームへと移動。スマホの画面で見慣れたマイルームがそのまま再現されており、FGOの世界へと飛び込んだ気分になります。

しばらくすると「先輩?居ますか?」という声とともにマシュが扉をノックしてきます。
扉が開くとカルデアの制服を着たマシュが部屋に入ってきます。アプリでの平面絵の可愛さのまま立体化されているため、まるで本物のマシュが目の前にいるかのような感覚を体験することができます。

部屋に入ってきたマシュはプレイヤーに相談事を話そうとするのですが、そこでダ・ヴィンチちゃんから通信が入ります。最新の訓練の準備が整ったのでぜひマシュに体験してほしいというアナウンス内容。訓練を受けるためには服を着替える必要があるため衝立の向こうへと移動し着替え始めるマシュ。衝立は半透明のため服を脱いでいくと……。

着替えが終わると体育館のような場所へと移動します。

制服からうって変わって露出度の高い衣装に変わるため、おもわず目のやり場に困ってしまいます。

マシュからメガホンを渡され、受け取ると正面にお馴染みの「QUICK」、「ARTS」、「BUSTER」の3種類のカードが出てきます。この中からどれか一つを選びます(選ぶ選択肢によってこの先の内容が変わります)。


今回は「QUICK」と「BUSTER」の2種類を体験することができました。

・QUICKを選んだ場合
公園にある遊具のような球状のジャングルジムが出現し、回転その上で体操選手のようにポーズをとるマシュを見ることができます。

・BUSTERを選んだ場合
「BUSTER」のカードを選んだ場合はカルデアのような形をしたミラーボールに照らされ目の前で生き生きと踊り、時折ポーズを決めるマシュを見ることができます。

PS Moveコントローラーを振って応援します。いずれのカードを選んでも思わずドキドキしてしまうようなポーズが……?

訓練が終了すると再びダ・ヴィンチちゃんから通信が入ります。緊急事態が発生したためただちに出動せよとのこと。マシュに手を引かれいざ出撃!というところで体験は終了になります。

原則、抽選制。当日キャンセル待ちも

今回の体験は事前抽選制ですが、当日のキャンセル待ちも受け付けているとのこと。毎日開場後にブースにて整理券を配布し、指定された時間帯にブースに行き、もしキャンセルが出た場合に運良く体験が可能になるというもの。「空きが出ないと体験できないので、確実に体験を保証するわけではありません」(会場スタッフ)とのことですが、どうしてもマシュに会いたい!という人はトライしてみてはいかがでしょうか。

ファン向けに至れり尽くせりな展示

『Fate/Grand Order』のブースは他にも、同ゲームの世界観やキャラクターたちを楽しめる展示がありました。


FGOのメインストーリーを紹介するコーナーにて、マシュの宝具である盾とマシュ。第1章から第7章まである各ストーリーを、空間にセリフなどを投影させて背景やキャラクターに重ねる演出が行われていました。


第1章「邪竜百年戦争オルレアン」に登場するジャンヌとジャンヌ・ダルク〔オルタ〕の宝具(戦旗)


ブースではなくアニメジャパンのホールの入口に設けられた、ダ・ヴィンチちゃんの工房

世界観とキャラクターが魅力的なゲームということもあり、ファンなら思わず心が踊る展示が多く配置されていた印象です。VRでキャラクターに会い、ほかの展示でも地続きでゲームの世界にどっぷり浸かることができる、全体的にファンにとって満足度の高いものでした。

この記事を書いた人

  • 専門2年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ