エヴァとシンクロ、使徒と激闘するVR体験「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」今夏登場

5月16日、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが手がけるVRゲームを開発するプロジェクト「Project i Can」は、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するエヴァをVRで自らの手で操縦できる「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」を発表しました。

本体験は、同社が運営するエンターテイメント施設「VR ZONE Shinjuku」にて今夏登場するとのことです。

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」は、VRの技術を使うことにより原作のエントリープラグ内部のコクピットを再現し、仲間とともにエヴァ3機で、第3新東京市に現れた第10の使徒を活動限界までに殲滅することが目標です。


発進シーケンス


戦闘中画面


体験に使用する筐体

LCL注水、A10神経接続、シンクロ率計測…エヴァの特徴的な発進シークエンスから、使徒との激闘までをエヴァのパイロットとして臨場感のある体感ができるとのこと。今後のProject i Can公式サイト、Project i Can公式Twitter(@project_ican)からの情報が待たれます。

(参考)
http://project-ican.com

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ