『SAO』や『ポケモンGO』からVR/ARを語る CEDEC2017基調講演が発表

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、神奈川・横浜にある「パシフィコ横浜」にて、8月30日から9月1日まで開催する国内最大のゲーム開発者会議「CEDEC 2017」の基調講演の講演者および講演テーマを発表しました。

「ソードアート・オンラインという世界(仮)」

8月30日に行われる基調講演は「ソードアート・オンラインという世界(仮)」。VRMMORPGを舞台にした人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の作者、川原 礫氏、株式会社バンダイナムコエンターテインメント(バンナム)原田 勝弘氏、二見 鷹介氏による対談が行われます。

『ソードアート・オンライン』は、オンライン小説からスタートし、単行本やアニメ作品がヒットを記録しています。同小説に登場するゲームを原作の世界観を生かしながら製品化し、テレビアニメ、映画などへのメディアミックス展開、VR、AIなどMMORPGの世界観を実現するその可能性にまで触れるとのことです。

日時

8月30日 9:45から11:05

タイトル

ソードアート・オンラインという世界(仮)

講師

・川原 礫氏

・原田 勝弘氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント ゲームディレクター/チーフプロデューサー)

・二見 鷹介氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント
CS事業部 プロダクションディビジョン プロデューサー)

「”GO OUTSIDE! Adventures on foot”」


9月1日に行われる基調講演は「”GO OUTSIDE! Adventures on foot”」。スマートフォンゲーム『Pokémon GO』を手がけたNiantic, Inc.川島 優志氏と野村 達雄氏が登壇します。

本アプリの「自分の足で歩いて冒険する」というのミッションの新規性、受け入れられた理由などを、位置情報ゲーム『Ingress』や『Pokémon GO』の事例、データ、歴史や舞台裏に触れながら、Nianticの考えるARについて紹介されます。また、海外を活動の舞台としている同社の働き方なども話されるとのことです。

日時

9月1日 9:45から11:05

タイトル

 “GO OUTSIDE! Adventures on foot”

講師

・川島 優志氏(Niantic, Inc. Director of Asia Pacific operations)

・野村 達雄氏(Niantic, Inc.)

なお、7月20日時点で公開しているCEDEC 2017のセッション数は、一般公募で採択されたレギュラーセッション、招待セッションなど、合わせて約180セッションとなっています。最終的にはスポンサーセッションなどとあわせて、昨年同様の200セッションを超える見込みとのこと。

CEDEC 2017 概要

CEDEC 2017  テーマ:Breakthrough to Excellence!

会期

2017年8月30日から9月1日

会場

パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)

電車でのアクセス
・みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩3分
「クイーンズスクエア連絡口」よりエスカレーターを乗り継ぎ2Fへ「クイーンズスクエア」を左手にまっすぐ通り抜けた先に位置。

・JR線・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩12分、
駅改札口より、左手に進み、ショッピングモール「ランドマークプラザ」、「クイーンズスクエア」をまっすぐ通り抜けた先に位置。

受講申込み

パスの種別によって参加可能なプログラムが異なります。
コチラのページよりパスの種別確認・購入を行えます。

※7月31日までは「レギュラーパス」の受講料が5,400円の割引きとなる早期割引期間となっています。

(参考)
http://cedec.cesa.or.jp/2017/session/KN/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ