注目のVRステルスアクション『Budget Cuts』来年配信へ

スウェーデンのインディーゲームスタジオ、Neat Corporationが開発するVRステルスアクション『Budget Cuts』が2018年の始めにリリースを予定していることが明らかになりました。

『Budget Cuts』とは

『Budget Cuts』はスパイFPSゲームで、HTC Viveに対応しています。本作はプレイヤーが部屋の中で安全にプレイできるように、テレポート型の移動方法を採用している点が特徴です。

『Budget Cuts』では、プレイヤーは特殊な銃器を用いて、床などの目標地点に青い点を打ちんで投影すると、その地点での視界が拡大し、次の瞬間にはその位置に移動します。VRゲームの中にはプレイ中に身体を激しく動かすものがあり、部屋の中でプレイする場合、壁や家具などに身体をぶつけてしまう危険性があります。しかし、テレポート移動によってプレイヤーの身体は一歩も動かずにすむため、バーチャル空間内を自由に、かつ酔わずに移動できます。

『Budget Cuts』は2016年に発表された注目のタイトルですが、開発企業からリリース予定やアップデートなどの告知がないままの状態でした。しかし先日Road to VRが問い合わせたところ、本作の開発は現在も進行しており、2018年の始めにリリースを予定しているとのことです。

Neat Corporationの開発者であるMarko Permanto氏によると、「現在はゲーム開発に集中するため、宣伝には最小限のみの時間を割いている」とのことです。

『Budget Cuts』は現在デモ版が公開されており、Steamにて無料でダウンロードしてプレイできます。

(参考)
Road to VR / Fear Not, ‘Budget Cuts’ Development is Still Underway, Headed for Early 2018 Launch(英語)
https://www.roadtovr.com/fear-not-budget-cuts-development-is-still-underway-headed-for-early-2018-launch/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

関連するキーワード: Budget CutsHTC ViveNeat Corporation

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ