360度版「ウォーリーをさがせ!」フェイスブックで話題沸騰

フェイスブックでは360度コンテンツ(写真・動画・ライブ動画)をアップロード、シェアすることができます。日々、自然の風景や部屋の中などを全方位で閲覧できるさまざまな写真がアップロードされていますが、先日、ウォーリーを探すことができる360度版『ウォーリーをさがせ!』が登場しました。

この360度版「ウォーリイー」は、PC、スマートフォンから閲覧することが可能で、現在フェイスブック上で35万件以上シェアされており、10万人以上が「いいね!」しています。

スマートフォンで閲覧時は、スマートフォンを動かすことで上下左右を自由に見ることができます。スマートフォンを動かしてウォーリーを探しましょう。なお、サムスンのGalaxy S6以上を持っているユーザーは、VRヘッドセットGear VRを使い、VRでこの世界に入り、周囲を見渡しながらかくれんぼをしているかのようにウォーリーを探すことができます。

この画像、ただウォーリーを探すだけでなく、画像中のあちこちで見つかるユニークな人物や風景を探すのも一興です。同画像のコメント欄は画像中に見つかるさまざまな人物や風景についての話題で盛り上がっています。

たとえば電柱に緑色の蛇が巻き付いていたり、木の中から双眼鏡を覗いて何かを探している人がいたり、もしくはベビーカーのシートに赤ん坊を入れずに、その下のバスケットに入れて運んでいる母親が見つかったりします。ウォーリーを探す以外にも、こうしたユニークなキャラクターたちを探してみるのも面白いかもしれません。

Facebookの360度コンテンツ共有

フェイスブックでは360度(全方位、全天球)の写真や動画を簡単にシェアできます。

スマートフォンでパノラマ写真を撮影するか、全方位写真アプリや360度カメラで全方位の写真を撮影し、通常の写真と同じようにフェイスブックに投稿できます。

Facebookが2017年8月に公開した情報では、2016年6月9日の360度写真の対応以降、全ユーザーがアップロードした360写真の枚数は7,000万枚を超えているとのこと。

ただ写真をアップロードするだけでなく、ライブ中継や今回の「ウォーリーを探せ」のようなユニークな取組も生まれています。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Facebookウォーリーをさがせ!

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。