Home » YouTube配信中に出現するスパムBOTの影響でチャンネルが削除に VTuberに複数の被害


VTuber 2022.05.10

YouTube配信中に出現するスパムBOTの影響でチャンネルが削除に VTuberに複数の被害

5月10日(火)現在、YouTubeの配信中に出現するスパムBOTの影響で、チャンネルのアカウントがBAN(削除)状態になる被害が起きています。にじさんじ所属のMika Melatika(ミカ メラティカ)さんや、バーテンVTuber朔夜トバリさんなどが直接の被害にあったことを発表しました。


(画像はphotoAC

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

これまでの報告によれば、YouTubeでの生配信中に、性的なアイコン画像を使用したスパムBOTが登場し、チャット欄に書き込みを連投してくるとのこと。それによりプラットフォーム側が(被害チャンネルを)性的で重大な違反を起こしたと認識して、BANが起きるようです。

被害にあったVTuber2名は、その場ですぐに対象のアカウントのコメントを削除していますが、結果としては効果が無かったそうです。またMika Melatikaさんは当時、チャンネルのコメント欄の設定を加入者限定にしていましたが、BOTには効果が無かったとも報告しています。

今回の件に関して「TeamYouTube」のTwitterアカウントでは(視聴者からの報告を受けた上で)「YouTubeコミュニティを悪用するスパムや詐欺などの欺瞞行為について下記ポリシー。尚YouTubeで不適切なコンテンツや不正行為を発見した場合、下記方法で審査チームへご報告頂けますと幸いです」とコメントした上で、「YouTubeではプラットフォームの悪用を防ぐためツールへの投資を続けています。もしお客様がクリエイター様の場合、フィードバックから問題の詳細をご報告下さいますよう宜しくお願いします」と呼びかけています。

またYouTube配信者側の自衛策として、センシティブワードやスパムBOTアカウントの名称などを事前にミュート対象としておくこと、画面内に視聴者のアイコン画像を載せないように設定しておくことといった方法がSNSで共有されています。今後YouTube側で具体的な対応策が出てくるのか、改善の発表が待たれます。

(参考)TeamYouTube


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード