デイリーランキング

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

ゲーム・アプリ

2019/03/22 11:24

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VR/AR/MRの「空間デザイン」を探求 イベント開催

VR/AR/MRなど「xR」領域において、空間デザインへのアプローチを探求するワークグループ「xRSD(xR meets Spatial Design)」が発足されました。

xRSDは、通年で勉強会やミートアップを実施し、さまざまなメンバーとの接点を設けるとともに、ナレッジベースをつくるためのワークグループを運営します。

今回、xRSDは初回として、ミートアップを東京・渋谷のFabCafe MTRLにて4月18日に開催します。参加費は1,000円(学生無料)、定員は30名となっています。申し込みはこちらのページです。

ミートアップでは、3Dデータを簡単にVR出力する『SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)』の提供を行う、DVERSE社の沼倉正吾氏がゲストとして登壇。また、ゲストを迎え「xRによって設計はどう変わるのか?」をテーマとしたトークセッションなども行われるとのことです。

本コミュニティでは、空間デザイナー、建築家、学生、エンジニア、UXデザイナー、プログラマー、リサーチャーなどの多様なメンバーの参加を求めています。

プログラムの概要

イントロ「xRSDで考えてみたいこと」

スピーカー:高橋卓氏( 株式会社ロフトワーク)
 

キーノート「 空間デザインにxRをどう活かすか?」

スピーカー:沼倉正吾氏(DVERSE社)
xRでのデザイン手法・プレゼン手法・ビジネスフローの変化についてナレッジの共有など
 

トークセッション「xRで変わる空間デザインとUI/UX」

パネラー:沼倉正吾氏、山田邦博氏(東京ディフェンス株式会社)、高木秀人氏(合同会社高木秀太事務所)、調整中
モデレータ:高橋卓氏
・xRは空間デザインをどう変えてゆくのか?
・xR × デザインで産まれる新たなUI/UXとは?
・xRそれ自体は、UI/UXとしてどこへ向かうのか?
・xRによって活躍する新たなプレーヤー像
 

ネットワーキングタイム

・『SYMMETRY alpha』のデモ体験

※2018年4月19日(木)現在調整中

イベントの概要

日時

2018年4月18日(水)
19:30~21:00 (19:00 open)

場所

FabCafe MTRL
東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピア2F

参加費

1,000円
※学生は無料

定員

30名

申し込み

https://www.opencu.com/2018/03/xr-meets-spatial-design-vol1/

CADデータをVRに投影 VR設計支援システム

2018/03/29 18:30 ビジネス活用事例

【PSVR】近未来レースゲーム『Wipeout』VRに完全対応

2018/03/29 18:30 PlayStation VR(PSVR)