デイリーランキング

「スラムダンク」公式アプリが配信、現実で桜木花道のシュート練習が見れる

ゲーム・アプリ

2019/11/11 12:45

Oculus Questで一番高評価のVRアプリは? ランキング発表

Oculus Quest

2019/11/11 12:00

【ドラゴンクエストウォーク】週末イベントミッションが今週も開催 12日まで

ゲーム・アプリ

2019/11/10 17:00

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月2日~11月7日)

VTuber

2019/11/10 19:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

人気VTuber総出演、新年の「NHKバーチャルのど自慢」徹底レポート! MVPに輝いたのは……

年明けすぐの2019年1月2日(水)深夜、NHK総合テレビにて人気のバーチャルYouTuber(VTuber)が多数出演する歌番組「バーチャルのど自慢」が放送されました。地上波でVTuberが多数出演する音楽特番、“歌うま”VTuberが一堂に会し、大きな盛り上がりを見せました。今回は本番組の見どころを徹底レポートします。

VR空間でのバーチャルのど自慢がスタート!


(豪華そのものの出演メンバー。画像の小林幸子さんと小田切千さんはバーチャル化前の様子)

出演者はキズナアイバーチャルグランドマザー小林幸子月ノ美兎静凛樋口楓剣持刀也鈴木ヒナ田中ヒメ道明寺ここあ電脳少女シロばあちゃるときのそら富士葵ミライアカリ甲賀流忍者ぽんぽこピーナッツくんバーチャルゴリラ、アメリカザリガニ、バーチャル小田切千アナウンサー(※敬称略)



キズナアイさんとバーチャルグランドマザー小林幸子をゲストに迎え、華々しくスタートしたバーチャルのど自慢。開幕からこのために作られたバーチャル空間特設ステージが映し出され、各出演者はYouTubeの画面を模したモニターに映し出されています。

今後注目のコンテンツだとVTuberの簡単な紹介のあと、さっそく出演者の歌唱がスタート。一人目はミライアカリさん。フィンガー5による名曲「学園天国」を、ステージ全体を元気よく走り歌い上げました。

あくまで番組はのど自慢なので、曲の途中で採点が入る形式です。ミライアカリさんは1番を歌い上げたあたりで無事合格の鐘が鳴り響きました。

続いて登場したのはにじさんじ所属ライバーの剣持刀也さん。歌ってみた動画も投稿している彼の歌唱に注目が集まる中、選曲はまさかのT.M.Revolutionの「HOT LIIMT」。驚いたファンも多かった様子。

振り付きで堂々と歌いあげた剣持刀也さんでしたが、たびたび声が裏返るシーンもあり結果は不合格になってしまいます。その後のインタビューでは、本人がまわりからネタにされている顎について触れられる場面も。

司会者からの顎に対する質問に対して、この顎を見てもらうためにここにやってきたと鋭い切り返しをする剣持刀也さんに会場では笑いが起きました。

続いて歌ったのがばあちゃるさん。選曲は本来デュエット曲である「男と女のラブゲーム」。歌いだして早々に女性パートをユニークな裏声で、男性パートは低音とばあちゃるさんらしいユニークな歌唱スタイルを披露。結果は残念ながら不合格も、圧倒的な存在感を放っていました。

バーチャルのど自慢ならではの豪華グループやユニットも

そして4番手は、にじさんじの月ノ美兎さん、樋口楓さん、静凛さんと大人気のJK3人組。

3人はキューティーハニーの主題歌をチョイス。特にファーストライブの開催を間近に控えた樋口楓さんは力強くクールな歌声を伸び伸びと披露。年末年始のお祭りだからこそ見られる3人の歌での共演となりました。

そして5番目に登場したのが、ゲーム部プロジェクトの道明寺晴翔さんを兄に持つ道明寺ここあさん。プロ顔負けの圧巻の歌唱力で多くのファンを魅了している道明寺ここあさんが歌ったのは、Superflyの「愛をこめて花束を」。

感情のこもったパワフルで美しい歌声に視聴者が聞き惚れていたところ、極度のシスコンで知られる兄の道明寺晴翔さんがこの選曲に動揺し、思わず「その曲はまだ早い」とツイート(※「愛をこめて花束を」は大切な人への想いを歌った曲です)。Twitter上ではちょっとした伝説となったようです。

は?ここあ!その選曲はまだ早い!!�#バーチャルのど自慢

— 道明寺 晴翔@ゲーム部 (@Haruto_gamebu) 2019年1月2日


道明寺晴翔さんのツイートは一瞬で拡散されていき、瞬間風速でのRT数トップに。この番組が多くのファンやVTuberが注目・視聴していた番組だったことがわかります。

6番目はお笑い芸人のアメリカザリガニさん。意外な出演者と思われましたが、実はアメリカザリガニさんは昨年VR漫才でのライブを行った経験があります。

お笑いコンビ・アメザリがVTuberに。VR上で漫才ライブを開催!

お笑いコンビ・アメザリがVTuberに。VR上で漫才ライブを開催!

MoguraVR

3Dならではの赤と青のスーツに身を包み登場した2名。歌ったのはゲストの小林幸子さんの「雪椿」……。でしたが、実際は1番もろくに歌えず、あっけなく不合格の鐘が。まともに歌を歌うことも漫才も披露できず、あっという間に出番を終わらせられる姿に(ちょっと不憫ですが)多くの笑いが生まれました。

アメリカザリガニさんの登場で場の空気がさらに明るくなった中、次に登場したのが澄み切った歌声と抜群の歌唱力を誇る富士葵さん。

お母さんが大好きな曲だという「ラブ・イズ・オーヴァー」を披露。普段は元気でハキハキとした富士葵さんですが、しっとりと歌い上げる姿にはベテランの貫禄すら感じました。結果は文句なしの合格、長い間鐘の音が会場に鳴り響いていました。歌唱後、富士葵さんは「家族みんなが今この放送を見てくれているはず」と満面の笑みで語っていました。

家族のみんなに見てくれているかと語りかける姿はいつものハツラツとした富士葵さん。歌っているときとのギャップがまた彼女の一つの魅力であり、底知れぬ才能を持っていることを感じさせました。

富士葵さんの次に歌ったのは電脳少女シロさん。AIである彼女が得意とする、英語で「アナと雪の女王」の「Let It Go」を披露しました。発音が良いと褒められる中、電脳少女シロさんの特徴であるまるでイルカのような高音の笑い声が話題に。キュイッと特徴的な笑いが出ることから「シロイルカ」とのあだ名で呼ばれることがあると、ファンにはおなじみのエピソードも披露しました。

次に登場したのは、先日メジャーデビューが発表されたときのそらさん。「天元突破グレンラガン」の主題歌として有名な「空色デイズ」を安定した歌唱力で、パワフルに歌い上げました。夢は横浜アリーナでのライブだと以前から語っているときのそらさん。その夢への一歩としてバーチャルのど自慢でも堂々とした歌声を披露しました。

圧倒的存在感で会場を盛り上げるピーナッツくんとぽんぽこさん

次に登場したのが、ピーナッツくんと甲賀流忍者ぽんぽこさんのデュエット。あの「おどるポンポコリン」を謳うぽんぽこさんにピーナッツくんが合いの手を入れる形でかわいらしく歌っていました。小さい体ながらも表情豊かに合いの手を入れるピーナッツくんの姿には思わず笑いが出てしまいます。

残念ながら結果は不合格だったものの、その後のインタビューでは「JKにモテます」と普段どおりの物怖じしない振る舞いのピーナッツくん、そして200歳だと宣言をしつつも過去を聞かれてしどろもどろに回答するぽんぽこさん。2人の面白さを改めて感じられる一幕でした。

11番目に歌ったのは、低音の美声と男性VTuberの中でもトップクラスの歌唱力を持つバーチャルゴリラさん。ゆったりと座ったおなじみのポーズで「なごり雪」を情感たっぷりに歌う姿はさすがの風格です。ルワンダからスカウトされて日本にやってきたと語るバーチャルゴリラさんですが、「ゴリラにしてはペラペラですね(色んな意味で)」と司会者にいじられつつも、落ち着いた様子で淡々と答える姿がなんともシュールで笑いを誘いました。

実力派バーチャルシンガーとの紹介を受け登場したのがYuNiさん。壮大な「Precious」を落ち着いた様子で歌う姿はまさに歌姫でした。「世界一のバーチャルシンガーになりたい」と語るYuNiさん。日々人気を伸ばし、オリジナル楽曲も発表されたYuNiさんの今後の活躍にますます目が離せません。

そして登場したのは、田中ヒメさんと鈴木ヒナさんのヒメヒナコンビ。歌はマクロスフロンティアの名曲「ライオン」です。2人の抜群の相性の良さで生み出される美しいハーモニーは思わず聞き惚れてしまうくらい。生活を共にしている2人だからこそ、息の合ったデュエットはいつまでも聞いていたくなる魅力にあふれています。

ゲストのキズナアイさんは演歌を披露

そしてのど自慢は出場者の歌唱が終わり、ゲストの歌に移動。キズナアイさんは小林幸子さんの楽曲「思い出酒」、すなわち演歌に挑戦。

意外な選曲でしたが、かわいらしくも落ち着いた歌声で親分らしい存在感を見せつけました。

最後に歌ったのはバーチャルグランドマザー小林幸子さん。「千本桜」を圧倒的な歌唱力で歌い上げ、バーチャルのど自慢のトリを務めました。歌唱中は画面内にロケットが飛び回すなどの演出も。バーチャルならではの盛り上げ方に、視聴者も沸いたことでしょう。

全員の歌唱が終わり、合格者の中から最後にMVP(モースト・バーチャル・プレイヤー)が発表。

選ばれたのは「なごり雪」を力強く情感豊かに歌い、トークでも場を沸かせたバーチャルゴリラさんとなりました。

今までにない新しい試みとなった「バーチャル空間のど自慢」。いわゆる“歌うま”として知られるVTuberはもちろん、人気のVTuberの方々も楽しそうに歌う姿は、見ているだけで元気をもらえる番組だったと思います。これをきっかけに、テレビでも多種多様な番組や企画が生まれることを予感させる、新年早々未来への期待がふくらむ楽しい番組となりました。

#バーチャルのど自慢 ありがとうございました…!!
大切なみんな、大好きなゲストの方々、優しい小田切アナウンサーに見守られながら歌えて…まだ心の中がぐるぐるです…!
震えちゃったけど、みんなに伝われー!
応援とっても心強かったよ、ありがとう…!#SiroTalk


— 電脳少女シロ� (@SIROyoutuber) 2019年1月2日


歌も漫才させてもらえなかった…(涙)
でも、放送ありがとうございました!✌︎(‘ω’)✌︎泣#NHK #バーチャルのど自慢 #アメザリ #vtuber pic.twitter.com/VU7sk5bWJ3

— アメリカザリガニ@スタッフ (@amezari_amezari) 2019年1月2日

ニコニコ動画では裏番組『バーチャルのど自慢実況特番』も放送されていた




また、NHKでの放送はおよそ1時間でしたが、ニコニコ動画では裏番組としてバーチャルのど自慢裏実況特番が23時から26時にかけて放送されたことも話題に。番組終了後のカラオケコーナーでは、先ほどテレビ出演していた剣持刀也さんやバーチャルゴリラさんが参戦し、二次会として盛り上がりを見せました。

裏番組にはテレビに出演こそしなかったものの、もちひよこさんやロボ子さん、にじさんじ所属ライバーのエルフのえるさんなども出演。ぜひこちらもチェックしていただきたいところです。



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

VRADV「東京クロノス」のエンディング曲がASCAの新曲「Mirage」に決定!

2019/01/13 11:30 ゲーム・アプリ

【Oculus Go】1月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2019/01/13 11:30 Oculus Go

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集