デイリーランキング

【Oculus Quest】ガーディアン機能がパワーアップ? ドイツのプログラマーが動画を発見

Oculus Quest

2021/09/14 19:30

発売前のiPhone 13をお店に行かずにスマホで「じっくり見る」方法

AR/MR

2021/09/15 13:06

花譜×リズムゲーム「Cytus II」コラボ、星街すいせいソロライブ 追加ゲスト決定【VTuberデイリーニュース 9/13号】

VTuber

2021/09/14 11:37

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月4日~9月10日)

VTuber

2021/09/12 19:30

【ポケモンGO】9月第3週のイベントスケジュール コミュニティ・デイにミジュマル登場

ポケモンGO

2021/09/14 11:28

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

VRChat用のアバターを顔写真で作成できるサイトが登場 実際にやってみた

顔写真からオリジナルアバターを生成するサービス「Ready Player Me」に、そのままVRChatへインポートできる機能が追加されました。

https://www.youtube.com/watch?v=6c1m8va0_Fg

サイトでは、自身の顔写真をアップロードすると、それに合わせたオリジナルアバターが自動で生成されるとのこと。どんなアバターが作成できるのか、実際に記者が体験しました。

まずはwebカメラで写真をパシャリ。ある程度、明るい写真でないと読み込めないようでした。この写真で、アバターの生成を待ってみると……。

アバターが登場……だ、誰……?? いや、眉毛と鼻の大きさは似ているかもしれませんが……。

髪型や瞳の色、メガネの着用など、各パーツは調整可能なので、諸々整えてみました。髪型がそれっぽくなりませんでしたが、これで完成。メールアドレスを登録すれば、アバターをVRChatにインポートできます(インポートに15分ほど待機する場合があります。直接のダウンロードも可能です)。

これまでVRChatでオリジナルアバターを使用する際は、unityが必要だったため、手順がより手軽になったと言えるでしょう。現実の自分の顔に似たアバターで活動したい人にもおすすめできます。

プライバシーポリシーによれば、プラットフォームを使用するには、16歳以上であることが条件(それ以下は保護者の同意が必要)。個人情報についての不明点はメールでの問い合わせで対応すると明記されています。公式サイトはこちら(※英語サイト)。

(参考)公式サイト


英VRゲーム会社、他のスタジオを支援するファンドを設立 総額200万ドル

2021/02/25 12:15 業界動向

ジョン・カーマック、2014年のフェイスブックによるOculus買収について語る

2021/02/25 12:15 業界動向
VR/AR/MR 用語集