Home » 【PSVR】ラーメン屋体験アクション「カウンターファイト」が配信開始。店主になってラーメンを振る舞うか、それとも……?


PlayStation VR 2018.12.19

【PSVR】ラーメン屋体験アクション「カウンターファイト」が配信開始。店主になってラーメンを振る舞うか、それとも……?

ラーメン屋体験アクション「カウンターファイト」がPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)で12月19日に発売されました。本作は手軽に楽しくラーメン屋の体験ができるVRゲームで、プレイヤーはラーメン屋の店主となり、次々と現れる個性的なお客にラーメンなどを提供していく作品です。価格は780円(税込)、購入はこちらから。

カウンターファイトではPlayStation Move モーションコントローラー(PS Move)を2本使って操作し、お客の注文に合わせてチャーシュー麺やメンマラーメン、餃子やビールなどを提供。本作は「エンドレスチャレンジ」と「タイムアタックモード」のゲームモードがあり、全国の店主たちとスコアを競い合えます。


提供するメニューは、手順に沿って調理しなくてはいけません。ラーメンは、どんぶりにスープを注ぎ、麺はしっかり湯切りをしてから投入。注文に応じた具材をトッピングして完成。餃子は、生の餃子を箸でつまんでフライパンへ。しっかりと焼き色が付いたら、焦げる前にお皿へ移します。

ビールは、冷蔵庫で冷やしておいたものをコップに注いで提供。よく冷えたビールを切らさないよう、こまめに冷蔵庫の中身を補充しておくことが大切です。ときに泥棒がやってくるので、営業を妨害されないように、調理器具や皿、海苔などをぶつけて撃退します。

その自由度が話題に

「カウンターファイト」は単純にお客にラーメンを提供するだけにはとどまらない自由度が魅力のゲームです。スコアを競い合うだけでなく、気に入らないお客にラーメンを投げつけることも可能です。

PSVR版に先んじてリリースされていたPC版「カウンターファイト」では、とあるプレイヤーによる傍若無人な店主の姿がTwitter上に投稿され大きな話題となりました。ある店主はビールを飲んでチャーシューをつまみ、お客にはナルトを入れただけのどんぶりを提供。またある店主は女性客をひいきしてチャーシューを大量投入し、男性客はフライパンで殴って追い返すなどやりたい放題。それぞれの様子は下記の記事から読むことができます。

カウンターファイト(PSVR版)概要

発売元

トリコル

フォーマット

PlayStation 4

ジャンル

アクション

配信日

12月19日(発売中)

価格

ダウンロード版 販売価格 780円(税込)

プレイ人数

1人

CERO

A(全年齢対象)

(参考)PlayStation Blog


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード