デイリーランキング

【Oculus Quest 2】「ブラックフライデーセール」開催! 50タイトル以上が対象に

Oculus Quest

2021/11/26 20:48

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月20日~11月26日)

VTuber

2021/11/28 19:30

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2021年11月】

VTuber

2021/11/26 19:02

【2021年最新版】Oculus Quest 2で出来ることは? 必要なもの、使い方、おすすめアプリを紹介!

Oculus Quest

2021/05/18 19:36

メタバースでの飲酒を想定したお酒が登場! VRChatで利用できるボトル&グラスのアセットも無料配布

話題

2021/11/26 18:33

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

Oculus Quest 2がついにPCと無線接続、VRで仕事をするための機能など追加機能が発表

フェイスブックは、一体型VRヘッドセットOculus Quest 2(Quest 2)に新機能を追加するアップデートの予告を行ないました。PCとQuest 2を無線で接続するモードや、VR空間にディスプレイを表示して仕事を行う「Infinite Office」などの機能の実装が近いことが明らかになりました。

「Oculous Air Link」でついにPCと無線接続へ

Quest 2は、これまで「Oculus Link」と呼ばれる機能を使い有線でゲーミングPCと接続し、PC向けのハイクオリティなVRコンテンツを体験することができました。ケーブルを使用しない無線接続については、サードパーティのアプリ「バーチャルデスクトップ」などを通じて実現していましたが、公式からの正式発表となります。

無線接続は「Oculus Air Link」という技術名称で発表されました。「Oculus Air Link」では、WiFiを使ってQuest 2でPC向けのVRコンテンツをワイヤレスで体験できるようになります。Oculus Air LinkにはOculus Linkのストリーミング技術が継承されているとのこと。まずは実験的な機能として実装され、フィードバック集めたい、としています。

なお、Oculus Air LinkとOculus Linkの違いについては、「ケーブルを使うOculus Linkはより強固で安定した体験を提供できる」としており、WiFiが弱かったりセキュアではない環境下などでは引き続き有用であるとしています。

フェイスブックによれば、Oculus Air Linkの要件となるのは以下の通りです。

・Oculus Air Linkの有効範囲:WiFiルーターから20フィート(約6メートル)以内
・ルーターの設置場所:ヘッドセットと直線上で遮るものがなく、床から1メートル以上の高さ
・WiFiの帯域:5GHz(acもしくはax)
・Oculus Linkの動作要件を満たすスペックのPC
・PCがLANケーブルで接続されていること

Oculus Air Linkを使用する場合は、PCで「Oculus」アプリ(バージョンはv28)をインストールし、設定からベータ版機能の「Air Link」をONにした後に、ヘッドセット側でも設定をONにする必要があります。なお、記事執筆時点(2021年4月14日11時30分)では、PC向けのOculusアプリには同機能が出現していません。

フェイスブックは、Oculus Air Linkの改善に努めているとのこと。正式実装の時期は告知されていませんが、利用者からのフィードバックを受け付けているとしています。

VRで仕事を行う「Infinite Office」も実装へ

フェイスブックは、2020年9月に、VRで仕事を行える「Inifinite Office」という機能を発表しました。「Inifinite Office」はキーボードやマウスをVRに持ち込み、マルチモニターのように空間に浮いたウィンドウを見ながら仕事を行うというもの。

https://www.youtube.com/watch?v=5_bVkbG1ZCo

「Infinite Office」は機能が部分的に実装されています。2021年1月にはマウスやトラックパッドをBluetoothで接続する機能が実装。さらに新たに2つの機能が発表されました。

机をVRに持ち込む機能

現実空間にある机がバーチャルデスクとしてVRでも出現します。ホーム画面に相当する「Oculus Home」で使えるとのこと。

キーボードと連携する機能

物理キーボードをVRに持ち込む機能です。VRでキーボードが出現し、指でタイプする様子が見れるよになります。対応しているキーボードはロジテックのK830のみです。

120Hzモードの実装

Quest 2では描画頻度を示すリフレッシュレートが72Hzからスタートし、2020年末には90Hzまで対応していました。これまでも開発者向け情報などから、実装時期が報じられていましたが、今回正式にアップデートで120hzでもコンテンツを動かすことができるようになることが正式にアナウンスされました。Oculus Linkでも120Hzでの対応が可能になります。リフレッシュレートが高いほど滑らかで高品質なVR体験が可能になります。

どの程度の数のコンテンツが120Hzに対応するかは未知数ですが、今後120Hzで駆動するVRコンテンツの登場に期待したいところです。

(参考)Oculus公式


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

注目続くVRライブ、米企業が約10億円調達

2021/04/14 11:27 投資

エピックゲームズが「メタバース構築」へ10億ドルを調達 ソニーも再度出資

2021/04/14 11:27 投資
VR/AR/MR 用語集