デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スイス発リハビリVR、MindMazeが約143億円の資金調達

スイスのスタートアップMindMazeは、AlbaCore Capital Groupから1億2,500万ドルの資金調達を行ないました。評価額は15億ドル(約1,713億円)以上。

同社は、脳卒中や外傷性脳障害の後遺症で体の動きを取り戻すためのVRソフトウェアを開発しています。最高経営責任者(CEO)の Tej Tadi氏によると、1億2,500万ドル(約143億円)の投資を利用して、より多くの人々に同社のプラットフォームを提供し、臨床試験を実施する予定。この試験には、パーキンソン病やアルツハイマー病などの疾患を持つ患者が参加します。

スイスのローザンヌに拠点を置くMindMazeは、2012年に設立。ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオ氏も支援しています。

MindMazeは、脳卒中や脳外傷後の運動機能の回復を支援するために、仮想現実と拡張現実を組み合わせたビデオゲームを開発しています。このゲームは、自宅でも病院やクリニックでもプレイすることができ、脳の一部を刺激するタスクを含みます。
ゲームを進めるためには、手や体幹、足などを特定の方法で動かす必要があり、それによって報酬が得られる仕組みになっています。この技術では、カメラを使って患者の微妙な動きをリアルタイムで追跡し、ゲーム内で増幅させます。ゲームの進行状況は、セラピストが遠隔で監視することができます。

MindMazeのリハビリ製品は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの患者に使用されています。

神経科学者であり元コンピューターサイセンスのエンジニアでもあるTadi氏は、インタビューの中で「未来の医療は、単に薬を飲むだけではありません」と答えました。その代わりとして、「MindMazeのようなソフトウェアによる介入を組み合わせるのです。体系的で継続的な、非常に的を絞った反復トレーニングが回復につながるのです。」と語っています。

また、MindMazeは将来的には上場を計画していますが、従来型の上場を目指すのか、特別目的買収機関との合併を目指すのかについては、まだ決定していないとTadi氏は述べています。

(参考)MindMaze


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

フェイスブック、欧州で1万人雇用へ メタバース関連の人員増強

2021/10/20 12:01 業界動向

【ポケモンGO】伊藤園ドリンクからイベント参加券が入手できる!

2021/10/20 12:01 ポケモンGO