デイリーランキング

【ドラクエウォーク】バージョン2.30実装。「1周年記念パス」の購入期限も近づく

ドラクエウォーク

2020/10/20 18:19

「Oculus Quest 2」の“脱獄”に報奨金? フェイスブックの意向に反発

Oculus Quest

2020/10/18 19:00

VRoid Hub、Oculus QuestのブラウザでVR対応

Oculus Quest

2020/10/19 18:25

Oculus Quest 2で制限されている90Hzモードを解放する方法

Oculus Quest

2020/10/18 11:30

「レディ・プレイヤー2」続編のあらすじ発表 新たな冒険とライバル登場

話題

2020/10/17 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

「ゲゲゲの鬼太郎」が50周年記念でVRやARに! 鬼太郎や目玉のおやじ、ねこ娘に会える

東映アニメーション株式会社は、AR/VR/MR領域の制作を行うGugenka(株式会社シーエスレポーターズ)、および株式会社ダイナモピクチャーズと共に「ゲゲゲの鬼太郎」50周年記念のデジタルアートプロジェクト「ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート」を発表しました。「ゲゲゲの鬼太郎」の世界に入り込めるVRアプリや、ARでキャラクターたちを等身大サイズで配置できるARフィギュアなどをリリースする予定です。

世界的に評価される「ゲゲゲの鬼太郎」が持つ日本ならではの世界やアートに、「AR/VR/MR」「3DCG」といった最先端技術を組み合わせたアート作品を制作。各映画祭へのエントリーを行う予定です。本プロジェクトでは、東映アニメーションが監修を行います。

「ゲゲゲの鬼太郎」の世界を体験できるVRアプリ

Gugenkaは、妖怪の世界に迷い込んでしまったユーザーが「目玉おやじ」に導かれ、「ゲゲゲの鬼太郎」でお馴染みのキャラクター達に出会いながら元の世界を目指すVRアプリ「魂の送り火」を開発中です。

レノボの一体型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo(ミラージュ・ソロ)」に対応し、2018年9月に開催される「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」のGugenkaブースにて先行体験イベントを開催予定です。
 

ARで「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラがあなたのそばに

また、Gugenkaが配信する3DCGのフィギュアを飾れるスマホARアプリ「HoloModels 」 を使用し、ユーザー参加型のARアートを行います。

「HoloModels 」では3DCGのフィギュアを等身大サイズにして、ARで現実空間に設置。ポーズや表情を自由に設定し、キャラクターが目の前にいるかのようにARフィギュアを飾ることができます。

 「ゲゲゲの鬼太郎」のARフィギュアを使用することによって、ユーザーの生活のすぐそばにいる妖怪たちの気配が表現されています。「鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」「ぬりかべ」「一反もめん」などの3DCGフィギュアは今秋より順次発売予定となっています。

「ゲゲゲの鬼太郎」の3Dムービーも

これらに加え、飛び出す3D映像を用いて、アトラクション・シアター向け3Dムービー作品「魂の行方」を株式会社ダイナモピクチャーズが制作します。1999年に公開された第1作目から大好評を得てきた「ゲゲゲの鬼太郎」の3Dムービー作品の第4作目になります。

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
©Gugenka
©Dynamo Pictures

(参考)ゲゲゲの鬼太郎 xRデジタルアートプロジェクト紹介ページ


ARライブのユークス、エイベックスと共同プロジェクトを開始 一時ストップ高

2018/08/23 18:03 業界動向

Xperia XZ2も グーグルのAR機能ARCore対応機種が追加

2018/08/23 18:03 AR/MR
VR/AR/MR 用語集