デイリーランキング

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

ゲーム・アプリ

2019/03/22 11:24

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VRコンテンツ開発のハシラス、「VR遊園地」を計画 施設型VRの課題解決目指す

VRアトラクション・コンテンツ制作を行う株式会社ハシラスは、VR空間内で遊園地を作る「ハシラスランド(仮称)」プロジェクトを発表しました。この企画は9月20日~23日に開催される東京ゲームショウ2018にて公開予定です。


(「ハシラスランド」イメージ図)

VRゴーグルをかぶったまま複数のコンテンツを体験

ハシラスは6月7日から8日にかけてハシラス田端スタジオ開所式を開催し、「ハシラスランド(仮称)」プロジェクトを発表しました。VR空間に遊園地を作り、大きなVR空間から入れ子のように個々のVRコンテンツに入って楽しめるようにしよう、という構想です。

プレイヤーはバックパックPCとVive Proを装着し、12m×8mほどのエリアに入って自由に遊べます。VRゴーグルをかぶったまま複数のVRコンテンツから遊びたいコンテンツを選択してプレイし、一定時間経過でエリアから退出する方式を考えているとのことです。


(左下では肝試し、右下では対人型のVRゲームを遊んでいる。VR内にVRコンテンツを設置するという試み)

ロケーションベースVRの問題を解決

この企画の狙いは、ロケーションベースVRのさまざまな問題を解決することです。体験車をVR空間に没入させたままにして、コンテンツ間の切り替え(VRヘッドセットの付け外し)をなくし、アテンドのコストを減らせること、狭いスペースで大勢で遊べること、施工コストが安いことなど、多くのメリットがあります。

この「ハシラスランド」は、9月20日から23日にかけて開催される東京ゲームショウ2018にて公開予定です。

(参考)株式会社ハシラスニュースリリース

「人の記憶に入り込む」VRスリラー、PSVRやPC向けに秋発売

2018/06/13 19:15 ゲーム・アプリ

360度写真をお手軽・充電いらずで撮影、カメラレンズ「PanoClip」レビュー

2018/06/13 19:15 話題