デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VR脱出ゲーム『エニグマスフィア』 新バージョンが大阪で稼働

大阪にある屋内型アミューズメント施設「梅田ジョイポリス」にて、VR脱出ゲーム『エニグマスフィア』の新バージョン『Enigma Sphere : Libra(エニグマスフィア:ライブラ)』が10月11日より稼働することが明らかになりました。

https://www.youtube.com/watch?v=-QTxeROSc8k

『エニグマスフィア』は、各ステージに仕掛けられた謎を解き、さまざまに隠された「球体(スフィア)」を見つけて、ハンマーなど武器を使い破壊していく脱出ゲームをモチーフとしたアクションパズルゲームです。

本作は2人同時プレイが可能となっており、リアルタイムのボイスチャットやハイタッチの機能などが実装されています。VR空間でリアルの脱出ゲームに近いコミュニケーションの楽しさが魅力となっているコンテンツです。株式会社よむネコが開発を行い、同施設では、2017年3月より常設出展されています。

ステージのギミックを新設計

今回稼働する『エニグマスフィア:ライブラ』は、エニグマスフィアの世界観に浸りながらプレイできる「ストーリーモード」と、制限時間内にスフィアの破壊数を競う「スフィアアタックモード」の基本的な構成はそのままに、ステージ内のギミックが新しく設計し直されている新バージョンです。

新ステージでは、ハンマーを投げてスフィアを壊す楽しさ・爽快感はそのままに、隠され
たスフィアを探すギミックの幅が広がっており、ハンマーを投げる正確さや投げ方の工夫な
どが求めらるようになっているとのことです。本コンテンツには英語版も搭載。

なお、現在稼働中のオリジナル版は『Enigma Sphere : Taurus(エニグマスフィア:タウラス)』として今後もプレイ可能です。

施設の概要

施設名

梅田ジョイポリス(UMEDA JOYPOLIS)

営業時間

11:00~23:00(不定休)

場所

大阪市北区角田町5-15「HEP FIVE」8F・9F
阪急・地下鉄梅田駅より徒歩3分、JR大阪駅より徒歩5分

料金

料金表はコチラより

稼働日

10月11日

公式サイト

http://umeda-joypolis.sega.jp/

AR/VR/MRを用いた「トヨタの3Dデータ活用事例」講演レポ

2017/10/06 12:12 ビジネス活用事例

Acer、MRヘッドセット10月17日発売 価格は税込6万円弱

2017/10/06 12:12 テック