デイリーランキング

「マトリックス4」が制作決定! ブランク期間に発展した技術は?

話題

2019/08/21 18:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

VTuberが銀座のスナックでママに!? 「バーチャルスナック」がオープン

VTuber

2019/08/22 17:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

バーチャルタレント制作・企画グループ「ANIMAL STUDIO.」が設立 VTuber「ANON」が所属

VTuber

2019/08/22 12:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VRでリアルな電車の運転シミュレーション PCVR向けに配信へ


VRで電車を操縦するシミュレーションゲーム「Derail Valley」が、2019年1月19日にSteamとOculus Storeにて早期アクセスで配信されます。対応機種はHTC Vive、Oculus Rift、Windows VRヘッドセットです。

VRでの電車操縦、パワーアップしたリアルさで帰ってくる

Derail Valleyは、Altfuture社が2017年から手がけている、VRで電車の操縦体験が可能なシミュレーションゲームです。「Derail Valley」ゲームの内容は、電車を操縦し、荷物を目的地まで運送するというもの。

2年の年月を経ての早期アクセスでの配信となり、2017年当初から評判だったリアルさをさらにパワーアップしての配信となります。

https://www.youtube.com/watch?v=2mHFh0rizyQ

やりこみ要素の多いゲーム構成

このゲームの最大の特徴は、やればやるほどゲームミッションや獲得物が増えていくといった、やりこみ要素の多い点です。

電車を操縦し、途中で故障することなく目的地に荷物を運送すると、ゲーム内のお金が手に入るほか、新たな目的地が追加されます。
新たに目的地を設定し、課されたミッションをこなしたり、手に入ったお金で新しい車両を買ったり、手持ちの車両の修理を行うこともできます。

また、コンテンツのクオリティが高いことも特徴の一つです。
カバーする地理的範囲は256km2と広大です。汽車も伝統的な蒸気機関車から、入替機関車などニッチな車両まで、自分の好みに合わせて選択できます。

詳細な内容はSteamのコミュニティページ(英語)を参照ください。

本リリースに向けた展開

開発者ロードマップによると、プレリリース公開後、Altfuture社は車両や乗客だけでなく、ノンプレーヤーの車両までバリエーションを増やすなど、さらなるアップデートを試みています。さらにチームは、協力プレイや、ゲーム改造への対応なども考えたいとしています。

本リリースの時期は未だ発表されていませんが、スケールしたゲームに期待が高まります。

開発者ロードマップより抜粋)

Oculus Store

(参考)UploadVR

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。


軽量なスマートグラス「DigiLens Crystal」登場 スマートフォンで駆動

2019/01/09 20:00 AR/MR

さながらメガネ型Magic Leap? わずか85gのARグラス「nreal light」

2019/01/09 20:00 AR/MR

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集