Home » AIが音楽を自動選曲 渋谷でARサービス「Audio Scape」が配信


イベント情報 2019.10.17

AIが音楽を自動選曲 渋谷でARサービス「Audio Scape」が配信

10月19日(土)より開催の「第14回渋谷音楽祭」に合わせて、渋谷の一部エリアで音のARサービス「Audio Scape(オーディオスケープ)」が提供開始されます。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

Audio Scapeは、渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDIによる「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第2弾で、「渋谷の街が、音楽プレーヤーになる。」をテーマとした音のARサービスです。スマートフォンからウェブサイトにアクセスすれば、AIが位置情報・時間・気分・天気などを解析し、それぞれのエリアの世界観や文化に合わせた音楽を自動選曲してくれます。

同サービスは、9月に行われた「渋谷5Gエンタメテック会議」で実際にディスカッションされたアイデアをもとに開発。オープンイノベーション型の研究開発組織「DGLab(ディージーラボ)」が開発した音に関するウェブAR技術と、株式会社coton(コトン)と東京藝術大学により共同開発された音楽生成サービス「soundtope」が採用されています。

5G時代の到来に向けたさらなるアップデートを視野に入れており、今後は世界的なアーティストとのコラボレーションを予定。実施期間は10月19日から12月末までです。

サービスが配信されるサイトはこちら

「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」に関する記事はこちら。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード