日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #10

ソネット、ボーカルダンスグループ「U-KISS」とバーチャルデートができるキャンペーンを開始

VRニュース

インターネットサービスプロバイダのソネットは、同社の提供するサービス「So-net 光 コラボレーション」のキャンペーンとして、韓国出身のボーカルダンスグループ「U-KISS」とバーチャルデートのできるコンテンツ、「ドキドキバーチャルデート」を発表しました。

キャンペーンでは、Google Cardboardのような組み立て式のオリジナルビュアーが先着200名限定でプレゼントされ、アプリをインストールしたスマホをセットすることで「U-KISS」とのバーチャルデートが楽しめるとのことです。

プレスリリース: ソネット株式会社 | プレスリリース

シルク・ドゥ・ソレイユ、『ダイハツ トーテム』の世界観を体験できる360度動画を公開

https://www.youtube.com/watch?v=91MFYJ3a9TI

「シルク・ドゥ・ソレイユ」が現在上演中の公演『ダイハツ トーテム』。この『トーテム』の世界観を楽しむことのできる360度動画が、3月28日に公開されました。

本作は、不可能を可能にする「人類の進化」がテーマ。映像の魔術師として知られるロベール・ルパージュ氏が演出を手がけており、プロジェクションマッピングによる映像と演目の融合も見所となっています。

プレスリリース: ダイハツ トーテム 公式サイト

被災地の360度映像も。宮城県多賀城市減災市民会議が開催

東北学院大学多賀城キャンパスなどで、3月26日、宮城県多賀城市減災市民会議が開催されました。

2011年に撮影された震災直後の多賀城市の様子が360度映像で体験できるなど、防災にテクノロジーを取り入れた会議、体験となった模様です。

プレスリリース: 被災地360度映像 疑似体験で備えイメージ | 河北新報オンラインニュース

ファッションレーベル「chloma(クロマ)」、バーチャルショッピングのデモを発表

VRニュース

鈴木淳哉氏と佐久間麗子氏によるファッションレーベル「chloma(クロマ)」は、VRでショッピングを楽しむことのできるデモを発表しました。

開発は、昨年発表された「NORIKO NAKAZATO」のVRコレクションでも、その手腕を奮ったPsychic VR Labが担当。4月26日~28日に開催される「JFW インターナショナル・ファッション・フェア」での出展も予定されています。また、本発表にあわせレーベルの公式サイトでも、3D化されたアイテムの閲覧が可能となっています。

プレスリリース: chloma(クロマ) 公式サイト

会津ラボ、白石城をARで体験できるアプリ「白石しろしろナビ」を発表

VRニュース

日本エンタープライズの子会社「会津ラボ」は、スマートフォン向けアプリ「白石しろしろナビ」を発表しました。

「白石しろしろナビ」は、3D化された白石城をスマホで観察、体験できるアプリで、宮城県白石市の観光事業の一環として提供されるもの。敷地内に設置されたARマーカーをアプリで読み取ることで、城の外観がARで表示されるなど、当時の白石城の様子をARで体験できるとのことです。

プレスリリース: 会津ラボ 公式サイト

DMM VR THEATER、ライブホログラフィック舞台「レジェンドオブふなっしー」を発表

https://www.youtube.com/watch?v=-xuGFKzfxjg

DMMが展開するライブホログラフィック専用エンタテインメント劇場「DMM VR THEATER」。同施設は、4月5日、千葉県船橋市のキャラクター「ふなっしー」を起用した最新公演「レジェンドオブふなっしー」を発表しました。

昨年、同施設は、hideのライブをホログラフィック技術で再現した「RADIOSITY」を上演しており、「レジェンドオブふなっしー」は、ホログラフィック公演の第2弾にあたるもの。6月30日より上演開始とのことです。

プレスリリース: 世界最高峰の技術で”ふなっしー”初のVR長編舞台化!!壮大なスケールのファンタジー超大作が完成! | PR TIMES

「VRとAIが拓く新たな3Dの世界へ」 3Dコンソーシアム、新キャッチフレーズを発表

2003年より、3D市場の拡大、発展のために活動している団体「3Dコンソーシアム」。同団体は、3月24日、新キャッチフレーズとして「VRとAIが拓く新たな3Dの世界へ」を発表しました。

本キャッチフレーズの発表に加え、具体的な取り組みテーマとして、「AIによる2D映像からの3D/VR変換」、「人間の行動記述AI、自然現象の記述AI、相互作用AIの開発」、「VR安全ガイドライン、VR安全性AI自動判定」の3点も発表されています。

プレスリリース: 「VRとAIが拓く新たな3Dの世界へ」について | 3Dコンソーシアム 公式サイト

なお、本記事は各社のプレスリリース等を参考に執筆しています。VR関連のプレスリリースがある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。

この記事を書いた人

  • face

    ゆたか

    フリーのシステムエンジニアです。360°動画を撮影して楽しんでいたところ、Gear VRにも出会い更なる衝撃を感じました。
    これから、あらゆる文化を面白くしそうなVR。最先端で関わりたいと思い参加させていただいています。

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/