ゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性はいかに「VRエンタメサミット2017」が開催 VRゴーグルの無料配布も

「Milbox」などのVRゴーグルを販売する株式会社WHITEは、ゲームやアニメなどのエンターテインメントコンテンツにおけるVRビジネスの可能性について話す「VRエンタメサミット2017」を2017年6月29日に東京にて開催することを発表しました。

「VRエンタメサミット2017」は、VRの分野で活躍するゲームやアニメ等のコンテンツ制作に関わる方々が登壇するセミナーとなっています。本セミナーでは、VRビジネスの可能性や成功の秘訣などが語られるとのことです。

本セミナー前半は、ゲームの企画や開発などを行う株式会社gumiの國光宏尚氏や、アニメ制作などを手がける株式会社プロダクション・アイジーの郡司幹雄氏、VRアプリ「リゼロVR」などを制作する株式会社シーエスレポーターズ Gugenkaの三上昌史氏ら登壇し「エンタメ業界におけるこれからのVRビジネスの可能性や収益化」といったテーマの話が行われます。

また講演の後半では、株式会社WHITEの廣田憲幸氏がVRを活用したゲームやアニメのコンテンツを制作した担当者を招き、VR参入の背景やコンテンツ戦略、VR参入の成果などトークセッションを予定しています。

本セミナー参加者には、株式会社WHITEが製造・販売する「Milbox 2」が無料でプレゼントされます。

本講演スケジュールや内容は以下の通りになっています。

VRエンタメサミット2017のスケジュール

講演1(前半)

「エンタメ業界における、これからのVRの可能性について」
登壇者:株式会社gumi 代表取締役 國光宏尚氏

講演2

「VRコンテンツの収益化と展開について」
登壇者:株式会社プロダクション ・アイジー 企画室 執行役員 郡司幹雄氏

講演3

「VRビジネスのマネタイズ ホンネを語る!」
登壇者:株式会社シーエスレポーターズ Gugenka事業部 専務取締役 三上昌史氏

講演4(後半)

「VRコンテンツの普及とマネタイズについて」
登壇者:株式会社WHITE イノベーションデザイン局 VRマーケティングチーム チームリーダー 廣田憲幸氏

トークセッション

「キープレイヤー達が語る、VRエンタメビジネス成功の秘訣」
ファシリテーター:廣田憲幸氏
登壇者:株式会社スクウェア・エニックス 坂本師哉氏
    株式会社メガハウス コト創造プロジェクト 滝野耕平氏

紹介事例
・君と霧のラビリンス(坂本師哉氏/スクウェア・エニックス)
・BotsNew Characters VR ドラゴンボールZ(滝野耕平氏/メガハウス)
・キンプリVRおひるね撮影会(三上昌史氏/シーエスレポーターズ)
・攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER(郡司幹雄氏/プロダクション ・アイジー)

VRエンタメサミット2017の概要

イベントタイトル

『VRエンタメサミット2017』〜キープレイヤー達がゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性を語る〜

開催日時

2017年6月29日 18:30から21:30(受付18:00)

開催場所

Speee Lounge 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル4階

定員

50

参加費

無料

本セミナーの申込みは、コチラのページから行えます。

(参考)
プレスリリース

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ