Mogura VRコンテスト開催!優勝チームには豪華賞品も!?応募期間は2月中

2016年VR元年呼ばれた年が終わりました。PlayStaion VRやOculus RiftなどのVRヘッドセットがリリースされ、これから「VRで何をするのか」コンテンツ開発のフェーズに入っています。世界中でコンテンツ開発の動きが加速していますが、日本でもその動きを盛り上げるため、Mogura VRコンテストを開催します。

Mogura VRコンテストは、VRプロジェクトを作りたい方、すでに作っている方の支援をするために、コンテンツのコンペです。

概要は以下の通りです。

応募条件

・VRコンテンツであること(アダルトや暴力表現を含むものを除く)

・制作に関わったチームが10名以下(外注含む)であること。法人、個人を問いません。

・VRプロジェクト及びいずれかのVRHMDで動作するビルドを用意できること

 ※α、β版など、開発途中のものでも問題ありませんが、動作することが必須条件です

 ※周辺機器、特に特殊な筐体を使用するものは審査できない可能性があります。

・将来的に当該コンテンツの配信、展示等を考えていること

・プロジェクトの紹介資料を事前に提供できること

応募期間

2月16日(木)0:00から2月28日(火)23:59まで

審査について

申請していただいたプロジェクトは2段階に分けて審査を行いファイナリストを選出、3月9日の最終審査で優勝作品を選出します。

1次審査:資料ベースの審査

1次審査は資料ベースでの審査を行い、結果は3月2日までに発表します。

2次審査:コンテンツ内容の審査

実際にコンテンツのバイナリを検証する審査になります。Mogura VRスタッフが審査を行った後、最終的に一番ポテンシャルを持っている3本をファイナリストとして選出し、3月6日に発表します。

最終審査:プレゼンと体験会

最終審査は3月9日(木)東京・渋谷にて開催するイベントで行います。イベント当日には、ファイナリストに選ばれたチームにプロジェクトを5分程度で紹介していただきます。さらに、会場において体験スペースを用意し、そこで体験したお客様にも投票していただきます。

イベントが終了する前に、会場での投票結果とMogura VRスタッフの審査結果を合わせて、優勝チームを発表いたします。優勝したチームには、「HTC Vive一式」を贈呈します。

申請方法について

申請はこちらへメールにてお送りください。

その際、タイトルを「Mogura VRコンテストへの応募」としてください。

・プロジェクトを紹介した資料(パワーポイント、keynote、もしくはPDF等3~4ページで)

・動作可能なバイナリ(共有方法は自由です)

・制作チームメンバーの簡単な紹介

クリエイターの皆様の応募をお待ちしております!

スポンサー

本イベントは、以下の3社にスポンサーとして協賛いただいております。

プラチナスポンサー

DELL

Autodesk

ゴールドスポンサー

HTC

3月9日(木)にコンテスト発表会を開催!

3月9日(木)に、渋谷FabCafe MTRLにてMogura VRコンテスト発表会を行います。当日は受賞作品の体験会の他、ネットワーキングやゲストスピーカー(狼と香辛料』『マグダラで眠れ』の作者である支倉凍砂氏)によるクリエイタートークも行われます。

VR業界のネットワーキング、VRの最新展開についての情報交換、未発表のプロジェクトの体験などを得られることができます。詳細と申し込みはこちらからご確認ください。

■ イベント概要
日時:2017/03/09 (木) 18:30 – 21:30
場所:渋谷FabCafe MTRL(東京都渋谷区道玄坂1−22−7 道玄坂ピア2階)
参加費:渋谷区道玄坂, 1−22−7 道玄坂ピア2階
URL:http://mmoguravrcontest-vol1.peatix.com/view

関連記事はこちら

この記事を書いた人

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ