“うらら”に会える『スペースチャンネル5』のVRデモがTGSに

グランディング株式会社は、新作VRソフト『スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショー』の開発を発表するとともに、そのデモ版を2016年9月15日から開催される東京ゲームショウ2016(TGS)のHTC社ブース内、KDDIブースにて出展することを発表しました。

スペースチャンネル5

『スペースチャンネル5』は、セガ(現・セガゲームス)より約15年前に発売された、ダンスと音楽を題材にしたゲーム。未来の宇宙テレビ局を舞台に、リポーターである主人公「うらら」が、地球に襲来した謎の宇宙人「モロ星人」により人々が踊らされているという怪事件を生中継。踊って戦って番組視聴率をアップさせていくという内容です。

スペースチャンネル5

開発元であるグランディングには、当時「スペースチャンネル5」シリーズ開発に関わったメンバーが所属しているとのこと。今回のTGSにて、KDDI株式会社によるVRデモ「Linked-door loves Space Channel 5」の一部として本作のデモ版を出展します。

なお、「スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショー」は、「スペースチャンネル5」の音楽ゲームをVRでプレイするソフトではなく、主人公「うらら」の「リポートショー」を、番組観覧者の1人となって体感することのできる新作コンテンツとなります。

自分の目の前を通り過ぎる「うらら」のウォーキングにくぎ付けになったり、オリジナルゲームでは知ることができなかった番組制作の舞台裏を垣間見れるコンテンツになる予定とのこと。今回の出展はHTC社のVRHMD「HTC Vive」によるデモとなりますが、製品版の発売日、対応ハード共に未定。

9月5日にオープンした公式サイトなどで、今後の情報を展開していく予定とのことです。

(参考)
「スペースチャンネル5 VR ウキウキ ビューイングショー」公式ホームページ
http://www.sc5-vr.com/

関連記事はこちら

この記事を書いた人