2017年2月に京都でVRをテーマにしたイベント「KYOTO VREX」開催

KYOTO VREX準備会は、2017年2月5日に、イベント「KYOTO VR Experience Cross Border Conference」(KYOTO VREX)を開催することを発表しました。

 

KYOTO VREXは、「2020年代を見据えたVR/MRが身近にあるライフスタイル」や「ヴァーチャルとリアルが完全融合しうる世界」において京都の歴史的資産が如何に活用されうるかに関する展望を探求するとのこと。

講演だけでなく体験展示も行われます。体験展示の詳細は今後公開されます。

講演内容

『基調対談「VRがもたらす未来」』

株式会社よむねこの新清士氏、立命館大学の細井浩一氏による対談。

『VRテクノロジーX通信技術 KDDIによるLinked doorが示すヴァーチャル空間を活用した次世代コミュニケーション展望』

KDDIの上月勝博氏、株式会社モノビットの本城嘉太郎氏のゲーム開発スタジオと通信会社が如何なる形で連携し、今後どのような展望を持っているのかについての鼎談が行われます。

『VRテクノロジーX実在感X文化資産 VRで実現する「ヒト」と「場」の実在感は京都に何をもたらすのか』

バンダイナムコエンターテインメント『サマーレッスン』プロデューサーの玉置絢氏、Kyoto VRのアティカス・ポール・シムズ氏、株式会社Vitei Backroomの村上雅彦氏により、それぞれの視点から見た今後の展望が語られます。

店員は100名で、参加費は無料。

会場へのアクセス

〒616-8152 京都府京都市右京区太秦御所ノ内町12−9

開催概要

●開催名称

KYOTO VR Experience Cross Border Conference

京都VR関連異業種交流カンファレンス

●開催日時

2017年2月5日(日)12:30~16:00

●場所

立命館松竹スタジオR2(京都の松竹スタジオ内にある立命館大学の撮影所となります)

●定員

100名

●参加費

無料

●主催

ITコンソーシアム京都(クロスメディア部会)

京都クロスメディア推進戦略拠点

KYOTO VR Entertainment Developers Association準備会

立命館大学映像学部学生プロチュースチーム

立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)

京都府

京都市

(公財)京都産業21

京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進評議会

●共催

IGDA関西

(公式)

http://crossmedia.kyoto/kyoto-vrex/

この記事を書いた人

  • writer_N/R

    高校2年生です。ニコニコ超会議でOculus Riftに出会い、その後友人にGear VRを布教されてVRの世界に入りました。VRの楽しさと可能性を伝えられればと思い、ライターをやらせてもらっています。

    Twitter:@8088nrN

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ