VRをプレイしていまいちなら返金 Oculusが対応

Oculusが運営するVRコンテンツ配信プラットフォームOculus Storeは、VRコンテンツの返金をリクエストできる機能を開始しました。Oculus Storeは、Gear VRとOculus Rift向けのストアです。返金機能があることで、ユーザーがより安心して購入できるストアを目指します。

購入者の不安を払拭するシステム

VRコンテンツはゲーム・アプリともに購入してみないとわからないことが多くあります。高額なコンテンツを購入した後、酔いなどの問題が発生したなどの理由で手をつけなくなってしまうこともこれまではありました。

この返金機能では購入者の不安を払拭することが狙いであるとOculus Storeのチームは述べています。

もともと返金機能は2017年6月にイギリスでPC向けVRヘッドセットOculus Rift、モバイルVRヘッドセットGear VRを対象に一部のユーザーでテストを行なっていました。今回は、テスト結果に基づいて対象ユーザーを全ユーザーに拡大することを決定したとの事です。

Oculus Storeのユーザーは、すでに返金リクエストを開始することができますが、いくつか条件があります。下の表に記載されている期間内であれば払い戻しの対象になります。Oculus RiftとGear VRで返金条件が異なるため注意が必要です。

HMD

対象期間

対象プレイ時間

Gear VR

3日以内

30分以内

Oculus Rift

14日以内

2時間未満

払い戻しの方法についてはGear VRのOculusアプリもしくはOculus Rift用のデスクトップアプリにある「購入履歴」という欄から払い戻しをリクエストすることができます。
ただし、上記期間内であっても映画コンテンツや、アプリの追加DLCなどは返金の対象外になります。また、返金には最大で5日ほどかかるとのことです。

(参考)
Oculus Store Gear VR 公式サイト
https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/

Oculus Store Rift 公式サイト
https://www.oculus.com/experiences/rift/

関連するキーワード: Gear VROculus RiftOculus Store

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!