Mystの精神的後継作になるVRアドベンチャー『Obduction』 独特な世界観と完成度の高いVR体験

1993年に発売された「Myst」の精神的後継作として期待されている、米ゲームスタジオ “Cyan Worlds” による新作『Obduction』VR版のハンズオンレビューが米メディアRoad to VRに公開されました。

image01
Officiela – page: http://obduction.com/

探索やパズル要素を含むアドベンチャーゲーム『Obduction』

『Obduction』は謎解き型のアドベンチャーゲーム。PC向けとVR版のものがリリースされます。主人公はいきなり連れてこられた”Hunrath”と呼ばれる未知の世界にて、自分のいる場所や連れてこられた理由などを探索しつつ解き明かしていきます。

『Obduction』ティザ―トレイラー

https://www.youtube.com/watch?v=YsWHoOKa24E

敵や仲間が一人として存在しない孤独な世界で頼れるのは自分のみ。独特な世界観がたまらないですね

『Obduction』VR版ハンズオンレビュー

ObductionのVR版では、PC版のジョイスティックを用いた歩行の代わりに、ワープマーカーによる移動方法を採用しておりマーカーで位置を指定することで瞬時に移動することができます。

体験では深い霧のかかった渓谷の遺跡にて、ワープで移動しつつ巨大なバルブホイールなどステージ上のギミックを作動させ、足場や階段を作り出すことで先に進んでいきます。途中で巨大な多色のカニに遭遇するなど、相変わらず独特な世界観が広がっていとのこと。

image00

image02

崖を下に進んだ先の巨大な部屋では500フィートもあるクランクシャフトを発見します。レバー、数字とキリル文字の描かれているボタン、バルブホイールなどを動作させることで大掛かりなマシンが起動し、そこでデモは終了したようです。

VR版はOculus Rift向けに7月29日にリリース

Road to VRの記者は、グラフィックは今まで体験した(『The Climb』を含む)VRゲームの中でもかなり上位であると述べています。また、間近で巨大なギミックが動作する様はまさに圧巻であり、感動を覚えたとしています。そしてObductionは今年リリースされるVRゲームの中で最も熱望されるものの一つになるだろうと評価しており、全体的な完成度の高さが伺えます。

ObductionのVR版はOculus storeにてOculus Rift向けに、7月26日29ドル(約3,000円)でリリース予定です。

(関連)
【プレビュー】手を離したら落ちる緊張感。断崖絶壁をクライミングするOculus Rift向け『The Climb』

(参考)
Hands-on: ‘Obduction’ is VR’s Spiritual Successor to ‘Myst’(英語)
http://www.roadtovr.com/hands-on-obduction-is-vrs-spiritual-successor-to-myst/

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/