コントローラー付の新型Gear VR、価格は129ドルで発売 コントローラー単体は39ドル

Oculusとサムスンは、スマートフォン向けのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)Gear VRの新型の価格を129ドル(約14,300円)と発表しました。コントローラー単体では39ドル(約4,400円)で発売されます。米国での発売日は4月21日、日本での発売は未定です。

コントローラーによって可能になる様々なアクション

Gear VRは、サムスンのスマートフォン、Galaxy S6/S6 Edge、S7/S7 Edgeを装着してVR体験ができるVRHMDです。2015年11月(日本では12月)より一般販売され、2017年1月には累計の出荷台数が500万台と発表されています。

これまで、Gear VRの操作を行うにはVRHMDの側面をタップするか、ゲームコントローラーを購入してBluetooth接続を行うしかありませんでした。

利便性を向上させ、さらに直感的な操作を実現する手元のリモコン型コントローラー付きモデルは2月のMWCにて発表。3月29日のサムスンの新製品発表会にて、価格と発売時期が明らかになりました。

発売日は4月21日。価格は129ドル(コントローラー単体で39ドル)です。Gear VR単独では、99ドルから9ドルの値下げとなりますが、コントローラーとセットの場合は値上げとなります。

コントローラーにはジャイロセンサーが搭載されており、位置トラッキングはできませんが、ポインターのように回転させることができます。

リモコン型のコントローラーは、グーグルの高品質なスマホVRプラットフォームDaydreamにも採用されています。DaydreamのVRHMDは79ドルと価格が安く抑えられていますが、しばしばコントローラーの動きを見失うときがあったり、向きがずれていくなど、精度向上が必要だと感じられるものです。

対応タイトルは70を超える予定

Oculusは、Gear VR向けのゲーム・アプリが多くコントローラーに対応しているとしています。現時点で20タイトルが対応し、2,3ヵ月以内に50タイトルが対応予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=l9o8MJKsU_0

VRカラオケ『Sing Space』、秘密の神殿を探索する『Rangi』、ゾンビシューティング『Drop Dead』などの新規タイトルもコントローラーに対応とのこと。

また、Oculusはホーム画面の表示高速化や解像感向上、PC向けのOculus Riftと共通のアバターシステムの実装など、ソフトウェア面のメジャーアップデートも行っています。

ソフトウェア面のアップデートについては別記事にて解説します。

(参考)
Oculus 公式
https://www.oculus.com/blog/mobile-vr-is-better-than-ever/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ