【PSVRソフト紹介】銃と独自のシステムでスタイリッシュに敵を倒すVRFPS「Mortal Blitz」

アーケードゲームセンターでよく見られるガンシューティングゲームを、VRプラットフォームに適用したFPSゲームが登場です。

今回紹介するのは、韓国のゲーム制作会社Skonec Entertainment Co.,LTDが開発した、PlayStation VR専用新感覚FPSゲーム「Mortal Blitz」。なお、本作はPlayStation Move2本に対応しています。

https://www.youtube.com/watch?v=vDmL4EhuDN4

本作では、プレイヤーは政府所属の精鋭部隊「F.O.R.C.E.」の元メンバーの「ユーヘイ」となり、政府の「テラトマ(Teratoma)抹殺計画」に秘められた邪悪な陰謀を阻止するため、レジスタンスのメンバーである「レイチェル」「マックス」と共に戦闘をしてストーリーを進めていきます。

多彩なシステムでスタイリッシュな戦闘

PlayStation Moveを使っている場合は、まず、どちらのMoveコントローラーをよく使うかの設定を行います。

その後は、チュートリアルが発生します。このチュートリアルで、本作の特徴となる「AGCシステム」と「グロッキーフィニッシュシステム」が説明されます。

「AGCシステム」では、武器を持っていない状態で物を掴んだり、銃以外の武器を拾ったりすることができるシステムです。

「グロッキーフィニッシュシステム」は、瀕死状態の敵をスローモーション空間で引きつけ、その間に銃弾を撃ち込めるという、スタイリッシュな倒し方ができるシステムとなっています。

この二つのシステムに加えて、銃をボタンで呼び出し、トリガーボタンで引き金を引く、通常の戦闘システムを組み合わせて、敵に挑みます。

最初は難易度がイージーで固定されているため、よく分からない状態でも早々にゲームアウトになることはありません。そのため、落ち着いて敵を倒していきましょう。

ミッションが成功すると、その任務のスコアと時間、命中率とランクが表示されます。

通常時のカスタム画面では、任務に挑む、武器をカスタマイズする、設定を変更するといったことができます。

本作は、韓国のゲームですが、ローカライズがしっかりと行われているため、文字のみならず音声も日本語となっています。そのため親近感が湧き、ゲームへの没入感が高められています。

ソフト情報

タイトル Mortal Blitz
ジャンル 一人称VRアクションシューティング
開発元 SKONEC ENTERTAINMENT CO., LTD
発売日 2017年4月26日
対応プラットフォーム PlayStation4(PSVR専用) Moveコントローラー2本対応
価格 2,500円
プレイ人数 1人
CERO C(15歳以上対象)

(参考)
http://www.jp.playstation.com/software/title/jp1896cusa08424_00mortalblitzsko00.html

この記事を書いた人

  • 文学部一年生というVRからはほど遠そうな環境なのにVRに興味を持っている人。Rift、Vive、PSVRの御三家がとうとう揃いました。

    Twitter:@takawitomoki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ