Nvidia、火星探査のVR体験『Mars 2030』を披露。スティーブ・ウォズニアックが絶賛!

GPU大手のNvidiaは、同社が主催する「GPU Technology Conference 2016(GTC 2016)」で、NASAが制作に全面協力したVRコンテンツ『Mars 2030』を披露しました。

Mars2030

『Mars 2030』は火星に降り立つNASAの宇宙飛行士として、火星での生活や探査をVR体験するというもの。『Mars 2030』には、NASAが持つ専門性の高い技術や知識が提供されています。

Mars2030NASAの火星探査で収集された、衛星画像とデータが使用されています。

また、スティーブ・ジョブズと共にアップルコンピュータを創業したスティーブ・ウォズニアックは、実際にHTC Viveで『Mars 2030』を体験し、「すごいね。火星へ行くことになった人類にとって、これは最高の体験になるよ!」と絶賛しました。

https://www.youtube.com/watch?v=PmJM0X3mVnc

Nvidiaのツイッターアカウントからは『Mars 2030』のティザー動画が投稿されています。

『Mars 2030』の一般発売予定は、2016年秋です。

(関連記事)
2030年の火星有人探索をVRで。NASAとメディア企業FUSION社の試み

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/