VRで空港の顧客満足度は向上するか?JALが実証実験を開催

日本航空株式会社(JAL)は、2017年4月12日から14日の期間中、羽田空港国際線サクララウンジにVR体験エリアを設置し、ラウンジの顧客満足度向上にVRが寄与するかの調査を目的とした実証実験を行うことを発表しました。


 
本実験で使用されるVR動画アプリケーションは、VRize社の開発した「VRize Video」。アプリ内で選択できる360度動画コンテンツは、株式会社コロプラの子会社である株式会社360Channelによる提供となっています。また、KDDI株式会社の提供により、VRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」などの設備もラウンジに設置されるようです。

体験できる動画コンテンツは下記のとおりです。

•        巨大な恐竜が太古へ誘う〜福井県立恐竜博物館〜
•        紅葉の京都 2016
•        2016 The Lantern Fest
•        青森ねぶた祭

VRize社の提供するVRize Videoは、これまで主にテレビ局などを中心に提供されてきましたが、今回の実証実験のようなイベントでの利用ニーズへも対応していく予定とのこと。

なお、JALはこれまでにも、飛行機整備士の訓練にマイクロソフト社のMRデバイス「HoloLens」を活用するなどの取り組みを行っています。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ