HTC Viveとは?購入方法、価格、コンテンツ等まとめ

PC向けに開発が行われているVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)HTC Vive。台湾のスマートフォンメーカーHTCと、PCゲームのプラットフォームSteamを運営するValve社が共同で開発を進めています。

日本ではまだなじみが薄いValve社のSteamですが、世界最大のPCゲームプラットフォームとして1億人以上のユーザーを有しています。

今回はその情報をまとめてお伝えします。この記事は新情報が発表され次第、随時更新します。

image201602200323441

※本記事に掲載されている写真は全て製品版に近いとされている開発者版であるVive Pre(2016年1月お披露目)のものです。

特徴

・VRHMDの性能はOculus Riftと同程度。
・HMDを付けたまま、最大で対角線にして5m四方を歩くことができるルームスケールのVR体験が可能です。また、手を動かすことのできる直感的なコントローラーSteamVRコントローラーが標準で付属します。
・Valveは全世界1億人のユーザーがいるSteamを背景に、SteamVRというプラットフォームをVR向けに立ち上げており、Steamユーザーは馴染みのプラットフォームからVRゲームを遊ぶことができます。

なお、現在明らかになっている外見は、開発者版のVive Preです。開発者向けのデバイスのため、製品版とはデザインが異なります。

20160105_104731

発売時期

出荷日は2016年4月1日と発表されています。予約の開始日は2月29日。販売方法はHTCの直販、HTC e-shopで行われる可能性が高くなっています。

価格

価格は799ドル、国内での販売価格は不明です。

性能(スペック)、システム

HTC Viveの性能は、以下の表の通りです。

解像度 1080×1200 有機ELディスプレイ2枚
リフレッシュレート 90Hz
視野角 110度
付属品 リンクボックス、Steam VR Controller(2本)、BaseStation(2つ)
トラッキング

360度の頭の動きをヘッドトラッキング、Basestationを使った最大で対角線5mを自由に動ける位置トラッキング

コントローラー、周辺機器

HTC Viveで使用するコントローラーは、棒状のSteam VR コントローラーです。充電式でVive Preのものは4時間持続します。

手で握って持つとちょうど親指のところに円形のアナログパッドがあること、そして背面の人差し指のあたるところにトリガーボタンがあります。この2つを使った直感的でシンプルな操作がメインになります。

20160105_113326

20160105_110707

ゲームパッド型のコントローラーなど、他のコントローラーがつかえるのかどうかという点については明らかになっていません。

システム面であるSteam VRは様々な周辺機器が対応できるようなエコシステムを目指しています。今後、色々なコントローラーが登場するかもしれませんね。

最大の特徴はルームスケール

HTC Viveの最大の特徴は最大で対角線5mを歩くことのできるルームスケール(部屋サイズ)のVR体験です。

DSC_0049

なお、体験するスペースのサイズに応じて、2つのモードから選び、さらに範囲を設定することが可能です。

・椅子に座ったままもしくは立った状態で一切に動いて移動せずにプレイするモード
・ルームスケールモード。最小範囲は1.5m×2mから。開始前にスペースから物をどかして歩きやすくする必要があります。

vive6

対応PC

image201602220322071

対応ソフト、ゲーム

対応するソフトやゲームは既に様々なものが発表されています。ゲームに関してはSteamから、Steam VRを起動すればVRモードのインターフェースが展開します。
モニター上でもVR内でもゲームを購入、ダウンロードして起動することが可能です。

HTCによると、他にもゲーム以外のコンテンツを配信するため、HTC独自のアプリ配信プラットフォームを用意しているとのことです。

ゲームを中心に現在、開発が明らかになっているコンテンツはこちら。
Valve主催のイベントにてローンチタイトルを含む、HTC Vive対応12タイトルが展示

(関連記事)
【体験レポ編】歩けるVRHMD、HTC Vive。新型プロトタイプVive Preで追加された機能とは?

HTC、Vive Preのマニュアルをサイトに掲載。具体的な使い方が明らかに

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/