【体験レポ】「見せてもらおうか。VRの性能とやらを!」 VRで赤い彗星になる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』

シャア・アズナブルといえばガンダムシリーズにおいて屈指の人気を誇るキャラクターです。2017年9月2日から公開している『機動戦士ガンダム THE ORIGIN  激突 ルウム会戦』は、シャアが大活躍をし、赤い彗星の異名を持つようになったルウムでの戦いが描かれます。

映画を記念して開催される『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』は、そのルウム会戦に入っていくまさにその寸前のシャアの目線になってザクが出撃する直後までを体験できます。

場所は映画が公開中の新宿ピカデリーの1階です。赤いブースが目立ちます。

ブース内のVRヘッドマウントディスプレイ置きも、作品世界を壊さないようなデザインに。

シャアとして呼ばれ、敬礼をされる体験

VR体験が始まると、そこは出撃前のザクが配置された格納庫。目の前には仰向けのシャア専用ザクが横たわっています。

周囲は忙しく飛び回る整備兵たち。「シャア中尉」「中尉殿!」と呼びかけられます。最初こそ、誰のことだと疑問に感じますが、右下から上がってくる兵士に呼びかけられてることで、自分がシャアだということに気づきます。

つまり、今、上映中の映画のそうあのシーン直前です。ザクのコクピットが開き、吸い込まれるように入る途中、すれ違う兵士から敬礼を受けます。ジオンでのシャアの信頼度を感じ、胸が熱くなります。

コクピットの中はアニメの中で描かれたそのままです。前面にいくつもあるモニター、隙間を埋め尽くすかのような計器類、両手の位置にある操縦桿。

下を向くと、シャアの赤い制服を着ている様子が見て取れます。音声では映画でやりとりされた、そのままのセリフが聞こえてきます。映画で見ているのに、まるで今ブリッジとやり取りしている気分になります。

出撃から会敵する途中に、コクピットのシャアの目線から、ザクそのものになった目線に変わるため、狭いコクピットから広大な宇宙に散らばる戦艦を見ることができます。

赤い彗星と言わしめたシャアの活躍がこれから始まるところで、映画同様、本体験も終了します。

VRアニメを目指している

本作はゲームではありません。あくまでも映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN  激突 ルウム会戦』をシャアとして見たアニメです。

制作はサンライズD.I.D.スタジオが担当しています。今回は体験すると同時に、株式会社サンライズ D.I.D.スタジオ 制作進行 古森雄己氏に話を伺いました。

全体的に実験的な演出を盛り込んでいるため、VR特有の没入感が損なわれたように感じるところもあります。

たとえば、格納庫シーンでは自分の体はありません。「VR内で自身の体が無いことは、多くにおいて没入感が損なわれますが、格納庫の大きさ、目の前のザクの大きさを見るためには身体が表示されていると体に注意がいってしまうため無い方がいいと判断した」と古森氏。

身体が表示されていないことで最初は戸惑いますが、「シャア中尉」と呼びかけられると、自分がシャアであり、アニメでよく見た、物思いにふけっていたところから呼びかけで気づくシャアそのものになった気分になります。

出撃直前には、あるイメージが挿入されます。アニメではよくあってもVRでは没入感は損なう演出になってしまっていますが、シャアに対するイメージが変わります。ほんの3分~4分シャアになったことで、シャアが、自分専用の機体を見て何を思い、何を考え戦場に赴いたのかと想像しやすくなります。

映画を見て、VR体験をすることでより『THE ORIGIN』を更に楽しめるのではないでしょうか。

映像内のモデルは劇場版で使われたもの


VR内に出てくる、モビルスーツや、戦艦はすべては本映画で使われたものを、VR内で使用するために少しデータ量を落としたモデル使用しています。

アニメで見たそのモビルスーツに乗れ、戦艦を間近に見ることができます

アニメ制作会社がVR作品を制作

古森氏によると、本映像演出は『ラブライブ!』等を手掛けた京極尚彦監督です。VR作品を手がけたのは初めてとのこと。制作にあたっては、「多くのVRコンテンツを体験し、今までとは違う制作フローや、画面を切り取るのではなく舞台演出のように世界を作り上げることには今後の課題も多く感じた」とのこと。2作目があるとしたら、今回の制作を踏まえた、よりパワーアップした体験ができるかもしれません。

期間限定で公開している本体験。イベントの終了後の展示予定は未定です。
イベントでは原画も25点展示されています。

イベント概要

名称

機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-

開催日

2017年9月19日~22日、25日~29日

場所

新宿ピカデリー 1階

体験方法

予約サイトで体験日を予約。予約当日『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の新宿ピカデリー劇場入場券が必要。

体験時間

3~4分

予約サイト

https://vivedemo.jp/r/gundam-the-origin-VR

公式サイト

http://vive.degica.com/gundam-the-origin-vr/

関連するキーワード: サンライズD.I.D.スタジオ新宿ピカデリー機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-

この記事を書いた人

  • アニメや特撮、VR・ARが好きなだけな人です。Oculus等HMD、VR・ARの魅力を沢山の人に広めていければと思っています。

    Twitter:@kure_kure_zo

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!