「最も辛かったのは孤独感」連続VR体験のギネス記録 50時間に更新

大半のVRコンテンツは2-3時間のものが多く、それ以上VRヘッドセットを長時間装着し続けることはあまりないかと思われます。一方で「連続でどれくらいVR体験をし続けていられるか」というVR連続体験のギネス記録が更新され続けています。

今回、ニューヨーク在住の2人の男性が50時間、VR連続体験を達成し見事ギネス記録を更新しました。

50時間VR連続体験のギネス記録

長時間連続VR体験というギネス記録の挑戦は4月15日、ニューヨークのアパートにて行われました。

挑戦者はAlejandro Fragaso氏とAlex Christison氏で2人ともアプリ開発者です。今回2人はPC向けVRヘッドマウントディスプレイOculus Riftを装着し、50時間という長時間連続VR体験のギネス記録を達成しました。

2人は50時間のギネス記録挑戦で、スターウォーズがテーマの『Rogue One: Recon – A Star Wars 360 Experience』など様々なVR映画や360度コンテンツを鑑賞しました。

ギネスのルールに従い、2人は1時間に食事・トイレ・シャワーなどのため5分の休憩を与えられました。

挑戦の際には、エネルギーと栄養補給のため大量のレッドブル、スターバックスコーヒー、ピーナッツバターとゼリーサンドイッチを用意したとのことです。

Christison氏は「もっともつらかったのはVR空間にずっと居続けて孤独感を感じたこと」とコメントしています。先日フェイスブックが公開した『Facebook Spaces』などVRで人とコミュニケーションのとれるソーシャルVRアプリを体験したら、より孤独感が薄まるかもしれません。

今回達成されたのギネス記録は、「50時間連続VR体験」ですが、「25時間連続VRゲームプレイ」という別のギネス記録も存在しています。

(参考)
50 Hours Of VR Viewing Gets A World Record
https://www.vrfocus.com/2017/04/50-hours-of-vr-viewing-gets-a-world-record/ (英語)

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ