Gear VR版ブラウザが登場。Youtubeは360度動画のVRモードを含め、全ての動画が視聴可能に

12月1日、VRヘッドマウントディスプレイGear VR向けにインターネットブラウザ『Samsung Internet Beta』がリリースされました。ユーザーは無料でダウンロードできます。

VR空間内にパネルが浮いておりネットを見ることができるというまさにブラウザそのものです。

手元が見えないVR向けの操作と360度動画への対応が特徴的でした。さっそく紹介していきましょう。

Screenshot_2015-12-02-10-51-20
基本操作は頭の動きとタップ、戻るボタンの操作です。
そして、ブラウザでよく使う機能と言えば、お気に入りと検索。お気に入りは視界の右に表示されています。

一方、検索は文字を入力しなければなりません。VR内に目線とタッチパッドのタップで入力のできるバーチャルキーボードを入力する方法もありますが、頭を動かしながらの入力はスピードが遅くて残念。
Screenshot_2015-12-02-10-57-01

この『Samsung Internet Beta』に標準搭載されているのは、音声入力です。使ってみると確かに便利。検索以外の文字入力でも使えます。現時点ではバーチャルキーボードに日本語が実装されていないため、日本語を入力したい際は音声入力を使いましょう。

Screenshot_2015-12-02-10-51-34
マイナーな単語や長い複数の単語を入力するときは苦労するかもしれません。

さらに、Youtubeの視聴が可能です。通常の動画を大スクリーンで見ることができます。また、360度動画の再生時は二眼の全天球すなわちVRモードでの視聴が可能になりました。

Youtube動画を開き大画面に拡張した後に操作パネルを表示すると、左下に「2D 3D 360」の選択肢があります。360を選択すると視界が代わり、没入感の高い全天球映像として再生されます。

Screenshot_2015-12-02-10-52-52右下のマークを見てタップすると大画面モードへ

Screenshot_2015-12-02-10-53-05360を選択します

こちらの記事で紹介したCygamesのグランブルファンタジーの360度動画を再生してみましたが、スマホ用のVRデバイスで体験するよりも確実に高い没入感で体験できます。Gear VRを持っている人はこちらで体験することをおすすめします。

Screenshot_2015-12-02-10-53-53【グランブルーファンタジー】 Beyond the Sky グランサイファー VRムービー

Screenshot_2015-12-02-10-56-18Dubai360 present the world’s first 8K 360 degree video

β版ということもあり、ブラウザがスマートフォンベースなので、表示領域が小さくおそらくPCサイズで表示した方が閲覧しやすくなるなど課題点は多くあります。

また、体験するとすぐに分かりますが、現時点でこのVRブラウザは、決してVRならではの特徴のあるアプリではありません。多くの人は、スマホやPCのブラウザの方が早く、効率的に済ませられるでしょう。しかし、VR内でネットを閲覧できるようになったことで、ヘッドマウントディスプレイをはずすことなくVR内でできることが増えたとも考えることもできます。そしてこれまでGear VRからアクセスできなかったYoutubeにアクセスできるようになったことで体験できるコンテンツが一気に増えたことになります。

Screenshot_2015-12-02-10-57-33

今後多くの点が解決されることに期待しつつ、「VRならでは」のブラウザとして進化していってほしいですね。

▼Gear VRに関する初心者ガイドをまとめました
Gear VRとは?特徴・購入方法・価格まとめ

 

▼おすすめのコンテンツはこちらをチェック!
Gear VRで体験すべきおすすめゲーム・アプリ

 

また、有料コンテンツのレビューなどGear VRで体験できるVRコンテンツの情報はこちらでも紹介しています!

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/