Gear VRの全世界への出荷台数は500万台超と発表

サムスンはCES2017のプレスカンファレンスにて、モバイルVRヘッドセットGear VRの2015年11月からの出荷台数が500万台を超えることを明らかにしました。

Gear VRはサムスンとOculusが共同開発した世界初の高品質なスマートフォン向けVRヘッドセットです。対応スマートフォンであるGalaxy S6/S6 Edge/Note 5/S7/S7 Edgeと使うことで、高品質で快適なVR体験が可能になります。2015年11月に発売されました。

サムスン電子アメリカのプレジデント、ティム・ベクスター氏はプレスカンファレンスの中で、Gear VRの累計使用台数が500万台を超えたことを発表し、360度カメラGear 360が成功をおさめていることに言及しました。Gear VRで視聴された360度動画の累計視聴時間は1,000万時間にのぼるとのこと。平均すると1台あたり2時間は360度動画を視聴していることを意味しています。

今回のプレスカンファレンスではVRに関する新製品の発表はありませんでした。2016年のサムスの開発者会議にて存在が明らかになった一体型のVRヘッドセットについても言及されていません。

サムスンのプレスカンファレンスの様子は以下よりみることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=sXBT5xBWR6g

(参考)

Road to VR

Samsung Gear VR Install Base Has Passed 5 Million Headsets

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: CES2017Gear VR

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii