バンナム、ドラえもんの「どこでもドア」をVR再現 試遊会の受付開始

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月4日に公開される『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の公開を記念したVRアトラクション『ドラえもんVR「どこでもドア」』を発表しました。

本アトラクションの製作を担当するのは、バンダイナムコエンターテインメントのVR制作集団「Project i Can」。VRゴーグルと体感マシンによって、のび太の部屋の中を再現した360度のVR空間に入り込み、部屋を自由に歩き回ったり、「どこでもドア」を使って映画の舞台の南極へ行き来するなど、「映画ドラえもん」の世界観を体験できます。

体感マシンにより、吹き抜ける風、断崖絶壁の氷が間近で崩れる光景などの臨場感も味わえるとのこと。また、体験の始めと終わりにはドラえもんが登場します。

Projext I canにて企画・開発を担当したバンダイナムコエンターテインメントの田宮幸春氏は以下のようにコメントしています

子どもの頃、誰もが夢中になったドラえもんの世界。そこには「できたらいいな」にあふれた未来への憧れがありました。そして大人になった今「あんな未来はまだまだ実現できないのかな」なんてちょっと残念に思っていませんか?

Project i Canが、その夢ほんの少しだけ実現します!

VRと体感マシンを組み合わせれば「どこでもドア」はもう体験できるのです!

扉をひらけば、真夏の日差しまぶしいのび太君の部屋から氷の大地が広がる南極へ。2つの空間が扉1枚で繋がっている不思議さに、きっと何度もアッチに行ったりコッチに来たりしてしまうと思います。

あの頃感じた「未来へのトキメキ」久しぶりに思い出してみませんか?

ドラえもんと一緒に皆様のご来場をお待ちしております。

本アトラクションの先行試遊会の募集は12月20日より開始しています。詳細は公式サイトより御覧ください。

『ドラえもんVR「どこでもドア」』先行試遊会

日程:2017年2月15日(水)~2月19日(日)

会場:東京ソラマチ3F 特設会場

住所:東京都墨田区押上1-1-2

公式ページ

(参考)

ドラえもんVR「どこでもドア」

http://doraeiga-vr.com/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ