PSVR対応注目作『エースコンバット7』発売が2018年に延期 「空の革新」を追求


2017年中に発売を予定していたエースコンバットシリーズの最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』が、発売を2018年に延期すると発表しました。

よりクオリティを高めるため発売を延期

同シリーズブランドプロデューサーの河野一聡氏は公式サイトで、同作は2017年中の発売を目指してきたが、チームの目標である「空の革新」を実現するにはもう少しの時間と努力が必要だと判断したと述べています。

「20年以上の歴史の中で、ここまでの最新技術を使って雲や気流のある空のフィールドを再現し、PSVR対応による新しいパイロット体験など、ファンの皆様に「空の革新」を強く実感していただけるのは初めてのことになります。最高のエースコンバット7をお贈りするべく、引き続き全力で開発に取り組んでまいります」

『エースコンバット7』は主に非VRのゲームですが、PS4版ではPSVR対応のVRモードが追加されます。これは一人称視点でのコックピットアクションとなっており、VRが対応する範囲はまだ明らかにされていません。

『エースコンバット7』は6月に開催されるE3 2017にて本編ミッションのデモを披露するとしていますが、VRミッションの発表予定はありません。

(参考)
エースコンバット7 スカイズ・アンノウン公式サイト
http://ace-7.bn-ent.net/index.php

UploadVR / PSVR’s Ace Combat 7 Delayed Into 2018(英語)
https://uploadvr.com/psvrs-ace-combat-7-delayed-2018/


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii