Home » ソーシャルVR「Rec Room」クリエイターコンテストで、日本チームが部門優勝


VRSNS 2022.06.13

ソーシャルVR「Rec Room」クリエイターコンテストで、日本チームが部門優勝

ソーシャルVR「Rec Room」にて開催されたクリエイターコンテストにて、日本人ユーザーチームが制作した作品「BeeDMBeeLife」が、部門優勝を果たしました。あわせて複数の特別賞も受賞したとのことです。

「Rec Room」はバーチャル空間内で他のユーザーとコミュニケーションできるサービスです。ゲームで遊んだり、音楽ライブに参加したりと、さまざまな遊び方ができます。VRヘッドセットMeta QuestやPlayStation VRなどの他、スマートフォンでも体験可能です。

「Rec Room」では3ヶ月に1度、クリエイターコンテストが開催されます。コンテストでは毎回異なるテーマが提示され、参加者は「Art」「Hangout」「PVP」「Quest」「Games and Activities」の5部門のうちひとつを選択した上で、テーマに沿ったルームを制作します。

4月8日より開催されたクリエイターコンテストのテーマは「SummerCamp」。日本人プレイヤーのToninosさんを中心とする計6名のチーム(Toninos、akai_kiki、Alphron、polaris-penguin、Densya[JPN]、max_sauna[JPN]。それぞれ敬称略)は、「Hangout」部門を選択し、4月〜5月にかけてルーム制作を行いました。

そして、日本時間6月12日に開催された授賞式にて、「BeeDMBeeLife」は「Hangout」部門で1位を受賞、さらに「Best Animation(最もアニメーションが優れている部屋)」「Best Audio Design(最も音響効果が優れている部屋)」「Best Original Character Design(最もキャラクターデザインが優れている部屋)」の3つの特別賞も受賞しました。

受賞賞品は、各章のトロフィーと限定アバターアイテムとスキン、そしてメンバー全員に優勝賞金としてゲーム内通貨100万トークンが授与されました。賞金は「Rec Room」のクリエイター報酬制度によって、現金へ換金できるとのことです。

制作チームのmax_saunaさんによれば「部門別1位だけでなく、同時に特別賞を3つも受賞する事は、RecRoomクリエイターコンテスト史上、我々の知る限り過去に例がなく、快挙と言えます」とのこと。なおかつ、海外プレイヤーが大多数を占める「Rec Room」において、「日本人プレイヤーの存在感を示す結果が残せた」とコメントしています(※コメントはご本人より編集部へ提供されたものを引用)。

(参考)Creator Contest “Summer Camp”

2022/06/13/19:50……文中のクリエイター名を修正
2022/06/13/19:35……文中のクリエイター名を修正、また制作チームからの要望を受けチームメンバー6名の名前をすべて記載


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード