デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フェイスブック、ARグラス開発着々 現実空間の3Dマップ化を新発表

Facebookは太平洋時間9月25日、Oculus Connect6の基調講演でARグラスの開発に言及。現実空間の3Dマップを作成し、ARを同期させる「Live Maps」を発表しました。

ARは次のコンピューティング・プラットフォーム

基調講演での発表の多くは、VR関連に集中していましたが、最初に登壇したCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、ARとVRを「次のコンピューティング・プラットフォーム」と語り、各登壇者もARとVRを並列で語りました。現在、同社が注力しているVRと同様、ARを重要視している姿勢が伝わってきました。

Facebookは現在、スマートフォン向けのARのみリリースしています。FacebookやInstagramにAR機能を利用したフィルターを配信できる「Spark AR」です。2018年のOculus Connect5では、Mixed Realityの概念に初めて触れ、現実世界にバーチャルな物体やアバターを表示するARの重要性を主張しました。

人々の距離を近づけるために

基調講演の中で、AR/VR部門のアンドリュー・ボズワース氏は、ARとVRが人々の距離を近づける(defy distance)ものだと主張しました。VRではその取組が進んでいるとしつつ、ARも重要であり、ARグラスの開発を進めていることに言及し、会場を沸かせました。

また、ARで距離を近づけるための仕組みとして研究開発機関Facebook Research Labでは、現実空間を3Dマッピングする「LiveMaps」の開発に取り組んでいることを明かしました。

Facebook版ARクラウド「LiveMaps」

「LiveMaps」は現実空間とARで表示する物体やアバターなどを同期させるために必要な、いわゆるARクラウドと呼ばれる技術です。ARクラウドは、複数人が同じARを体験するために必須な技術とされています。Magic LeapやMicrosoft、Googleを始めとする大手企業とスタートアップが入り乱れて開発競争を繰り広げている領域です。

ARグラスやその他のスマートデバイスに搭載されたカメラを使い、物理現実の3Dマッピングを行います。LiveMapsを通じてコンピュータは、自分がどの位置にいて、周りにどういう物が配置されており、その意味がどういうものなのか、理解します。複層的にARを実現するというものとして描かれています。


(紹介動画より切り抜き)

LiveMapsにより、人々はARを共有することができるようになり現実空間に同期されたインターフェースが実現するとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=JTa8zn0RNVM


VRキャラクター教員が大学の専任講師に就任!アニメ制作の講義やPRに

2019/09/26 18:30 VTuber 最新ニュース一覧

フェイスブック、新VRサービス「Horizon」発表 創って遊ぶソーシャル空間

2019/09/26 18:30 ゲーム・アプリ